十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おおきなきかんしゃ ちいさなきかんしゃ」 みんなの声

おおきなきかんしゃ ちいさなきかんしゃ 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:アート・セイデン
訳:小池 昌代
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2003年04月
ISBN:9784061892323
評価スコア 4.05
評価ランキング 18,389
みんなの声 総数 19
「おおきなきかんしゃ ちいさなきかんしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 走ってるだけだけど

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子4歳

    蒸気機関車が好きな息子に借りてきました。
    お話は特に面白みはありません。大きな機関車と小さな機関車が走って行く、ただ、それだけです。
    でも、絵がとても素敵なのです。
    ゆっくりと絵だけを眺めていたい絵本です。

    掲載日:2016/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢があります

    乗り物好きの3歳息子に図書館でかりました。

    大きな機関車と小さな機関車の対比のストーリー。
    大人の大きい機関士さんと、子どもの小さい機関士がでてきて、
    子どもでも身近に感じそうです。
    大きい機関車のところは大きな声で、小さな機関車のところは小さな声で読みました。

    絵がとてもすてき。
    行き先がトゥンブクトゥーなんて夢があってちょっとワクワクしますよね。
    息子も喜んで読んでいました。

    掲載日:2014/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大小の比較が際立ちます

    大小の機関車で、それぞれ、トンネルも貨物車も全てサイズが違います。それを対比させて描いた絵本で、そういう意味では面白いかもしれません。

    でも展開とかオチがないので、3歳にはいまいちでした。1-2歳向け。

    掲載日:2011/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音がたくさん出てくるので見いて楽しんで

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    小さい子向けのお話会にどうかな?と、探してきました。
    機関車の話だけに、どちらかというと男の子向けの絵本だと思います。
    アート・セイデンの明るい楽しげな色を駆使した鮮やかな絵が、子どもたちの目を惹きつけそうです。
    汽車が出発してから目的地へ到着するまでのお話ですが、大きい機関車と小さな機関車を比較することで、リズム感のあるより楽しい話になっていると思いました。

    『音』がたくさん使われていますので、見て楽しむより、聞いて楽しむ絵本じゃないかな?

    掲載日:2011/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな一生懸命

    2歳10ヶ月の息子に読んでやりました。機関車が好きな息子に読んでやりました。大きな汽車と小さな汽車。それぞれが対比されながら、でもそれぞれの仕事をきっちりとこなす姿が映し出されています。ついつい大きいほうがえらいような気になってしまいますが、小さいなりにその意味があり、それを待ちわびている人たちも。そういう大きさに関係のない重要性を教えてくれます。

    ただ、常に対比された文面なので、ちょっと単調すぎてあきてきます。絵も、文章にぴったりとあっているわけではないので、読みながら絵を指し示すことができないのが残念です。

    掲載日:2010/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばります

    • 苺ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 女の子5歳、男の子2歳

    2歳の息子が乗り物本に興味があるかなあと思い
    借りた本でした。

    しかし読み聞かせるには口が疲れてくる
    本でありました。


    そこがまた良いのですが。

    線路が続くよどこまでも、ということが
    ラストの言葉で納得


    読みごたえ、・・・読み聞かせごたえあります。

    2歳の息子は途中で集中力切れ
    5歳の娘は最後まで笑ってきいていました。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車好きにはたまらない一冊

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    マーガレット・ワイズ・ブラウンの1951年の作品です。
    アメリカを代表する作家で100冊以上の絵本を出されているのですが、享年42歳とのことでしたので、思い巡らせて読みました。

    ストーリーは、単純明快で題名どおりに大きな機関車と小さな機関車が同じ目的地を目指すものです。
    機関車の色合いも、その搭乗人物も、その出す音も全く違っていて、子供にはその対比がたまらないのでしょう。

    それにしても、綺麗は発色の絵なので、特に電車好きのお子さんには喜ばれること請け合いです。
    実物がなくても、本当にあるような錯覚に陥るくらいのディテールで描かれています。

    ただ、小学校1年の次男には、もともと電車に興味がなかったこともあって、評価は高くありませんでした。
    幼稚園ぐらいのお子さん向けかも知れません。

    掲載日:2007/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいきかんしゃ

    • 碧ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子2歳

    ちょっとレトっぽいような懐かしい感じの絵で、
    親しみの持てる本です。

    おおきなきかんしゃとちいさなきかんしゃ。
    それぞれを運転するのも大きなおじさん?と小さな坊や。
    ポッポーと同じ音を出しても文字の大きさでどちらの音なのか分かるようになっています。
    うちの子はまだ字が読めないので、
    読んであげるときに大きな声音小さな声を使い分けていました。
    単純な繰り返しが多いので、
    小さな年齢の子から楽しめる本だと思います。

    掲載日:2007/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入り!

    ちょっとなつかしいような暖かい絵が素敵でした。

    おおきなきかんしゃとちいさなきかんしゃが町をはしります。
    一見大人には単調ともおもえるような対比とくりかえしですが、
    子供にはそれがとてもたのしいようで、何度も何度も読んでともってきました。
    寝るときも一人でぼそぼそお話してるくらいきにいったようです。

    掲載日:2007/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおきな ちいさな

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    「せんろはつづくよ」とは違って、こちらは大きさが違う2台の機関車のはなしです。

    おおきな と ちいさな が繰り返しでてくるので、
    読むときに声の大きさを工夫すると楽しそうです。
    この話にぴったりの、汽車の手遊びがあります。
    学校の読み聞かせで、あわせてやってみたいと思いました。

    掲載日:2007/04/19

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって! / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



入学・入園・進級の準備に、知育しかけ絵本

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.05)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット