庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ねずみきょうだいのだいかくれんぼたいかい」 みんなの声

ねずみきょうだいのだいかくれんぼたいかい 作・絵:まつもと しゅんすけ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784774611709
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,369
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 一緒にかくれんぼしてる気分

    このお話は、10匹のネズミの兄弟が住んでいる家の人間が留守になったときに、みんなでかくれんぼをするお話でした。各部屋で2匹ずつネズミの兄妹を見つけていくのですが、意外に難しい時もあってとっても楽しみながら見ていました。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • こどもが 隠れているねずみを 探しているように 私も 真剣に探してました
    かわいい絵で わかりやすいので すぐに分かるようで・・・ちょっと眺めるときと
    何となく 楽しめました
    ねずみ 本当に こんなねずみがいたら 大変かな?

    子供の頃は 家にねずみがいて いたずらされるので ねずみ取りかけて 捕まった ねずみの目が かわいかったのですが・・・
    やっぱり ねずみは いたずらするので 困るかな

    この絵本は かわいいねずみだから ご安心 クイズのように遊んでね!

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • とても丁寧に描かれた絵です!

    全頁試し読みで読みました。ねずみ10匹の兄弟たちが、夫々個性的で、メンバー紹介もあったのでとても親近感が持てました。家人が留守になったのでねずみの兄弟がかくれんれんぼをすることになり、長男がジャンケンに負けて鬼になってよかったなあと思って読んでました。鬼の長男のポッキーと一緒に、キッチン、子供部屋、お風呂、寝室、玄関を探検できて楽しめました。物で溢れる部屋がとても丁寧に描かれているので、どのページもいつまでも飽きることがなく、絵を楽しめました。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個性があってそれぞれかわいいですよ

    全ページお試し読みで読みました。
    絵の中に隠れているねずみのきょうだいを探す絵本でした。
    はじめに10匹の名前と紹介が書いてあるので親しみやすいですね。
    一部屋に2匹ずついろいろな部屋に隠れているねずみたちを見つけて遊べます。
    みんなが帰ってきたとき、末っ子はまだ眠っていたので、
    長女のべりーちゃんが抱っこして逃げています。
    さすが、お母さんみたいです。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 題名の通り、ねずみがかくれんぼしているのを探す絵本です。
    1ページにつき全部のねずみを探すのではなく、
    2匹ずつ探し出し進んでいく、というものです。
    その方が疲れないため、個人的にはそこがいい、と思いました。

    全部のねずみを見つけておしまい、と思いきや、それで終わらなかった事が、良い意味で裏切られました。
    絵もかわいらしくて良かったです。

    最後にはきちんと答えも用意されているので、お子様でも楽しんで読めるのではないでしょうか。

    掲載日:2016/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 探し遊び絵本!

    色合い鮮やかなイラストの絵本です!
    ねずみのきょうだいたちが人間のお家でかくれんぼをするお話です。
    子供はかくれんぼが好きなので,こういう内容のお話は楽しいのではないでしょうか。
    探し遊び絵本で,ねずみの気分になって盛り上がるでしょうね!

    掲載日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこだどこだ〜

    2歳の息子と一緒に楽しめるかなと思って
    借りてきました。

    10匹のねずみが家の中でかくれんぼをはじめます。

    なかなか息子は見つけられずでした。
    なのでヒントをあげたりしてとっても
    楽しめる絵本です。

    六男がスヤスヤ可愛い〜!

    家族が帰ってきてドキドキかくれんぼ
    見つからなかったかな?

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • え?どこどこ??

    「あっちとこっち、みーつけた!」

    え?どこどこ??
    本当にいるの??

    じっくり探さないと、なかなか見つけることが出来ません。
    これが意外と見つからないのです!

    ねずみを探すのがメインの絵本ですが、
    絵がとても丁寧に書き込まれていて
    大人としては、イラストを見るのが楽しかったです。

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!!

    絵本を実は読まず

    ねずみ探しだけで楽しみました。

    小さいところに隠れているねずみを

    みつけるだけで楽しみましたが、

    それでも充分楽しめました。

    ストーリーは特にきにせず

    そういう楽しみ方もあると思います。

    掲載日:2011/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 10匹、見つけよう

     アニメのような絵がいきいきしています。10匹のねずみくんたちのキャラがおもしろいなと思いました。

     それぞれの部屋の中が、こまかく描かれています。すみずみまで、じっくりねずみくんたちを探すのはクイズのようです。まだ字が読めない小さな子でも、楽しめるなと思いました。

     このお話、絵本で見ると楽しいですが、もし我が家で留守中にこんなことになっていたら、、、と考えるとちょっとこわかったです。

    掲載日:2011/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット