しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

若い木霊」 みんなの声

若い木霊 作:宮沢 賢治
出版社:ベネッセコーポレーション
本体価格:\1,301+税
発行日:1985年03月
ISBN:9784828812465
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,042
みんなの声 総数 2
「若い木霊」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 感覚で楽しむ絵本

    宮澤賢治の作品に
    こんなおはなしがあったかな?
    と、手に取りました

    で、カバーに
    詩人の生野幸吉氏の文章があるのですが
    私は理解出来ませんでした
    賢治のことばは独特で
    その言葉自体を楽しめればいいのでは・・・
    と、思いながら読み進めました

    絵が抽象的なのですが
    植物や自然を表しているのは
    わかりやすい
    色使いがとても
    春がくる様子が伝わってきます

    どういうこと?って
    考えると、わからないこともあります(^^ゞ
    でも、賢治ならではの
    言葉で
    想像する世界も素敵なことです

    枯れた草穂をつかんで四つだけ結んでみたり
    するお茶目さ

    桃色の鴇を見た時の
    胸は酒精(アルコール9で一ぱいのようになったり

    その表現の仕方がなんとも素敵です

    カタクリ、なでしこの花と
    若い木霊の中表紙の絵がとても素敵です

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宮沢賢治のお話の世界に 木霊のお話があるのをこの絵本で知りました。
    絵は荻野宏幸さんが幻想的で おもしろくきれいでした

    窪地のところの文章がきれいです。かたくりの花は薄紫できれいですね。
    「はるだ はるだ 春の日がきた」字は一つずつ生きて息をついて、消えてはあらわれ、あらわれてはまた消えました。」
    この若い木霊の躍動する気持ちを賢治はきれいな文でつづっています
    何か自分で見つけたかったのでしょうね!

    色がきれいな絵を見ながら お話の世界に入っていました

    掲載日:2010/08/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット