おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

バーバパパのはこぶね」 みんなの声

バーバパパのはこぶね 作:アネット・チゾン タラス・テイラー
絵:アネット・チゾン タラス・テイラー
訳:山下 明生
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1975年11月
ISBN:9784061287631
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,275
みんなの声 総数 66
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

66件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 何か伝わったよ!

    • ケロポッポさん
    • 30代
    • ママ
    • 島根県
    • 男の子4歳、女の子0歳

    お兄ちゃんが初めて幼稚園からかりて帰った本。どきどきわくわくしながら開いたよ。なんだか楽しそうなバーバ一家。動物も鳥も人間も仲良し。ところが!黒いけむりや汚い水にみんなが苦しむよ。そして動物や鳥や魚を追い回す悪い人間の登場!人間とバーバパパたちは離れ離れになったよ。 お話がちょっと難しいかな?と思いながらも反応を見ると、絵でちゃんと伝わってたみたい。動物の皮でかばんやくつや毛皮ができることを知ったら「かわいそうだね」って見てた。バーバパパたちが動物を助けて悪い地球から逃げ出すときはロケット箱舟にわくわく。いい地球ってどんなかもわっかったよ!最後にはみんなもどってきてうれしかったよ。ありがとうバーバパパ!読み終えると満足感にひたっておやすみのお兄ちゃんでした。環境問題っていうと難しいけど、読み進むうちに親も子もなんだかクリアな心地になれる一冊です。

    掲載日:2003/05/27

    参考になりました
    感謝
    3
  • とても大切なこと。

    バーバパパシリーズは、かわいくて、癒されるともに、
    とても大切なことを教えてくれます。
    この「バーバパパのはこぶね」も、その中のひとつです。
    地球の環境問題を、さりげなく教えてくれる、素晴らしい
    内容です。
    言葉で伝えるのは難しくても、この絵本を見ると、わかりやすい
    文章と、かわいい絵で、それを教えてくれます。
    初めて読んだとき、感動しました!!
    小学生にもおすすめの絵本です。
    ここから何かを考えるきっかけになってくれると思います。
    よい絵本に出会えてよかったです。

    掲載日:2015/08/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 動物愛護趣味

    『おばけのバーバパパ』を購入したところ、息子がすっかり気に入ったので、シリーズを図書館で借りてきました。

    しかし、息子が気に入ったのも、私が良かったと思ったのもシリーズの最初の2冊だけでした。息子は登場する動物を確認する程度にしか興味を示しません。

    絵本には、特にこの不思議なバーバパパ一家には、もっと子供たちを未知の世界に引き込む内容であって欲しいです。描かれた当時の社会問題を反映させすぎかと思います。

    環境の悪化で地球に住めなくなった動物を他の星に連れて行くというお話ですが、動物愛護趣味でつまらない印象をうけました。

    掲載日:2010/07/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 考えさせられます

    バーバパパシリーズ♪
    かわいいおばけ一家のゆかいなお話かと思いきや、バーバパパ一家は病気の動物病院達に出逢います。
    なぜ病気かとゆうと、それは人間の出すガスや汚水に廃棄物…
    カラフルで色鮮やか、個性的でかわいいキャラクター達が描かれているだけではなく、社会問題もさりげなく描かれていて考えさせられます。
    少し大きくなった子どもたちにぜひ読んであげたい1冊です。

    掲載日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • バーバパパのはこぶね、どんなお話かな?と読んでみると…
    今回も環境汚染がテーマになっていて深いです!
    人間たちが汚した川や海で悲しんでいる動物たちがいる、
    毛皮にするためにハンターたちが動物を狙っている
    子供たちは今まで知らなかったけれど、実は私たち人間がしていることって…??
    と、子供たち自身が、それってあかんことしてるやん!と大きな衝撃を受け、
    じゃあこれからどうしたら良いのかな?と問いかけの絵本です。
    そして、問いかけと同時に、みんなが暮らしている地球は、人間だけのものじゃないということ
    自分たちの土地を大切に、守っていくのも自分たちなんだということを
    しっかりと子供たちに考えてもらえる絵本だと思います。
    この絵本を読んで、沢山の緑に囲まれて、皆が、穏やかで気持ちの良い素敵な日々を
    これからも何十年もずっと先も過ごせますようにと願うばかりです。

    掲載日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 環境問題に触れている

    バーバパパ一家は、とても幸せに暮らしていました。
    ところが、病気になった動物たちがやってきたのです。バーバパパ一家は、みんなで、避難所を作って助けてあげました。それでも、地球はどんどん汚れてきます。そこで、大きなロケット型箱舟を作って、地球の外まで避難です。なかなか、活動的なバーバパパ一家です。家族みんなとおともだちと一緒に、水辺でのんびりしているところは、とても大好きな一場面です。

    掲載日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハッピーエンドで安心

    バーバパパシリーズの中では、メッセージ性の強いお話かと思います。
    バーバパパたちが、汚れた地球から動物たちを守るため、箱船に乗せて地球を脱出するのです。
    大人としては、テーマがちょっと重いかなと思ってしまうのですが、子供たちは、いつもの楽しいバーバパパたちのお話として、抵抗なく楽しめたようです。かわいいキャラクターなので、説教臭く感じさせないのかもしれません。
    ハッピーエンドなのも安心しました。

    掲載日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 40年も前に 受賞レビュー

    バーバパパの絵本は子どもの頃から好きでしたが、この作品を読むのは今回が初めてでした。
    まずタイトルにある「はこぶね」の説明を息子にしてから、読み聞かせをしました。

    読み進めるうちに、想像しているのとは大きく異なる展開にビックリ!
    これが40年も前に描かれた絵本とは・・・
    でも確かに、その頃は今よりもっと公害や自然破壊がひどかったのです。
    美しい緑の地球をいつまでも大切にしなければならないな、と子どもと一緒に考える良い機会となりました。

    この作品に限らず、バーバパパの絵本には実に沢山の動物たちが描かれていますね。
    自然と動物、そして人間との共存が、バーバパパ全作品を通しての大きなテーマになっているように思います。

    私たちにとって、大切なことを教えてくれる1冊です。

    掲載日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもたちに知ってほしい

    とても考えさせられる内容でした。

    地球から動物も植物もいなくなってしまったら…
    人間だけが取り残された地球は、寂しくて怖くて、胸がズキズキ痛みました。

    きっと多くの人は自然を愛しているし、動物と仲良く暮らしていきたいと思っているはず。
    でも環境問題や動物愛護については、知っていても見て見ぬふりをし、その結果自分たちが見捨てられてしまう事になる…。

    少し重いテーマですがバーバパパというキャラクターがこれだけ愛されているので、小さな子にも安心して読み聞かせできると思います。

    内容がよく分からなくても、本を開いて絵を見て欲しい一冊だと思いました。

    掲載日:2015/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えさせられるお話

    環境問題について考えさせられる深いお話でした。
    5才の子供はまだ工場から排出される有毒な煙のことも、動物の毛皮で何かが出来ているということにも全く分かっていませんでしたが、それでも悪い人たちがいると動物がみんな困ってしまうということは伝わっていたようでした。

    この絵本の初版が40年も前だったことにも驚きました。
    バーバパパたちが願った地球に今なっているのでしょうか。
    世界中の子供たちが笑顔で暮らせるよう、環境問題について小さなことでも今自分に出来る事を取り組みたいと改めて思いました。

    掲載日:2015/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

66件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(66人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット