うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

かわ」 みんなの声

かわ 作・絵:鈴木 のりたけ
出版社:幻冬舎
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784344018679
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,442
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 図鑑を超えた絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    次男の参考書を見ると、川のところでは、上流、中流、下流の説明があって、流れが速いとか、川幅がどうのとかのコメントがあります。
    でも、そんなことよりも、この絵本を読んだ方がどれだけためになるか分かりません。

    まず、その構成が秀逸です。
    源流、
    渓流、
    上流、
    中流、
    里川、
    湖、
    池、
    沼、
    用水路、
    田んぼ、
    下流、
    河口、
    と見開きで続き、「海にでました」と広い海を描いています。
    その海では、ボラがジャンプしているという芸も細かいもの。

    それぞれのどのページも、水面下の様子が手に取るように分かります。
    NHKの良質な自然科学のドキュメンタリー番組を、見ているような錯覚に陥ってしまいました。
    特に良いのは、水面下だけでなく、陸上の様子も合わせて描いていること。
    陸上の人物像は、少しばかりデフォルメが効いているのも、遊びがあって巧みだと思います。

    どんな図鑑を見るよりも、役立つし子供の興味を引き出すこと間違いありません。
    これで、1300円という値段は、充分に元が取れるはず。
    小学生の社会・理科の学習教材としても、オススメします。

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    4
  • 川魚になった気分で

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    ずばり、これ一冊で川の中の様子が堪能できます!
    上流、中流、下流とそれぞれの場面での川の様子が魚目線で描かれてます。
    川魚になったつもりで読めるのではないでしょうか。

    「しごとば」の鈴木さんの次の仕事場は川の中だったのか・・と
    思いました。
    「しごとば」同様に細かいディティールの描写がすごいです。

    社会科の勉強が始まったくらいの年齢の子だと
    楽しみ方の幅も広がるかなーと思います。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • なかなかの力作

    5歳の息子と読みました。
    川の源流から河口まで、どんな魚や生物がいるか、川の様子がどうなっているか、説明してある絵本。
    湖、池、沼、そして里川や田んぼまで載っています。
    水の循環もよくわかる。
    なかなかの力作だと思います。
    源流から河口までを、最後の見開きで表した図も、わかりやすい。

    鈴木さんの絵が、ダイナミックで、みずみずしいのも、とても惹かれます。

    湖、池、沼などの違いをよく分かっていない息子も
    とても興味深く聞いていました。

    これ、欲しいなあ。

    掲載日:2016/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 川博士になれます。

    鈴木のりたけさんの本はすべて大好きな息子。
    でもこの本は、いわゆる鈴木のりたけさんの本とはちょっと違っています。
    「川」に関する図鑑のような絵本です。
    いつものように、ダジャレとか隠れキャラとかはいません。
    でも。素敵な本なんです。

    隣の市にある水族館の年パス持っていて、通い詰めている我が親子。
    その水族館は、源流、上流、中流、下流、池、沼、河口など、水域ごとに魚を分けて展示しています。
    その水族館がそのまま絵本になったような状態なのです。
    最初図書館で借りましたが、
    これは自宅に置いておきたい本だと思い、購入しました。

    山に雨が降り、小さな流れが始まります。
    川の始まりです。(源流)。
    小さな流れが集まって、だんだん大きな流れとなり、(上流)、(中流)、
    途中、沼や池、田などがありつつ、
    大きな川(下流)を通り、
    海に出ます。(河口)。
    こういった行程がそれぞれ見開きいっぱいに描かれます。
    生息する生き物の挿絵もリアルで図鑑のよう。

    我が家は河口付近に住んでいます。
    歩いてすぐの海岸は、ボラが飛び、まさにこの挿絵のような場所。
    そして、息子が通う保育園の裏山には滝があり、
    天気が良い日の散歩コースです。
    この本の実際の場所のほとんどを見ることができる場所に住んでいます。
    実物と本、そして水族館、3点セットで、
    息子は既に川博士です。

    掲載日:2016/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上流から下流まで

    このお話は、川の始まりの上流から海へとつながる下流の川の様子を描いたお話でした。お魚はもちろんたくさん描かれていたのですが、ゴミなどもちゃんとリアルに描かれていて、うちの子はゴミと上手なぜかウケていました!!

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『魚』のことだけでなく、水の周りのことまで

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳、

    ナビの他の方も書いていますが、調べ学習にも十分使える、面白くて勉強になる絵本です。むしろ「魚」オンリーの百科事典(学習辞典)的な作品だと思います。

    この本では、魚の生息しているいろいろな地(水の中)を紹介していました。
    作者は川や池の中の隅々まで、いろいろな水の中の生き物や出来事を細かく描写してくれていますが、
    面白いのはそこだけでなく、水の外の世界の生き物や動きも端折ることなく、楽しく描写してくれています。
    1ページ1ページをじっくりゆっくり観察してほしいです。
    ただ、魚そのものが苦手な人や虫を見るのが苦手な人にはちょっとお勧めできません。
    登場する人はともかく、魚を含む他の生き物のほうは偉くリアルな描写なので…。実は私は鱗がちょっとだめで、魚たちのアップのシーンはあまりきちんと眺められませんでした。
    その代わり(目をそらした)、水の上の風景が偉く細かく楽しいものだということに気づきました。
    例えば『里川』のシーン。ここのモデルの場所はどの有名な『アユ梁』漁の場所なのかなぁとか。
    『田んぼ』の場面では農業用水の近くに止まっているの軽トラと農家の人らしい動きなど、見ごたえがありました。

    小学校の中学年くらいから、学習としても、絵本としても楽しめると思います。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供も大人も楽しめる

    • ぴぐぺんさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子5歳

    川が出来、海になるまで そこに住まうものたちの絵本
    今すぐ、川遊びがしたくなる。
    あぁ 川に、田舎に、うまれてよかったなぁと思う。

    雨となり大地に落ちた「水」は、川となり、海まで旅をして、また雨となる。 めぐる水。そして、たくさんの命を育む水。人間もまた、水と川と海と暮らす生き物のひとつ、でしかないのだ。 そんな観点から描かれてる雰囲気が好き。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶賛したい“わけ”

    のっけから、すいこまれそうなくらいの大迫力。
    さかな目線で描かれたこの本。
    どのページも、水の音や冷たさ、泥の感触まで伝わってきます。
    源流から河口まで、川ってこんなにたくさんの表情をもってたんだ・・・。
    この違いを描き別けられる、鈴木のりたけさんて、本当にすごい!!!
    鈴木さん自身が、川の中を泳いで下ったことがあるとしか思えないほど(笑)

    私も娘も、鈴木さんのこのリアルな世界が大好き。
    何度も何度も、見てしまいます。
    川が好きとか嫌いとかじゃなくて、ただただ惹き込まれます。
    鈴木さんの迫力ある世界、ぜひ一度味わって下さい!!

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力!に拍手

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    絵!?\(◎o◎)/!
    写真じゃないよね???

    すごい迫力です!
    角度というか
    普通の姿勢でないのが、勢いがあってとにかくすごい!

    なのに、陸上は、漫画のような(^^ゞ
    説明の文字も
    魚や生き物以外の物も書いてあって
    遊び心も

    図鑑とも違う
    絵本とも違う
    「かわ」
    是非、見てみてください

    掲載日:2010/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい

    美しい表紙の構図が気に入ったのでこの絵本を選びました。魚が今にも泳ぎだしそうなくらい臨場感たっぷりな表現が良いと思いました。川と一言で言っても色々あるのだということを自然に学べるのが良いと思いました。楽しく学習できるので気に入りました。川に詳しくなれる絵本です。

    掲載日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

とこちゃんはどこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / 3びきのかわいいオオカミ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット