なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

学習漫画 世界の伝記 二宮金次郎 農業の発展につくした偉人」 みんなの声

学習漫画 世界の伝記 二宮金次郎 農業の発展につくした偉人 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1989年09月
ISBN:9784082400149
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 積小為大

    息子が最近はまって読んでいるシリーズです。
    つられて私も読んでみたのですが、漫画で紹介されているので、
    読みやすいですし、とてもわかりやすいですね。

    フルカラーではありませんが、ところどころで頻繁に
    カラーページが盛り込まれていて、白黒のページの方が
    少ないぐらいで、贅沢な感じがしました。

    個人的に、二宮金次郎といえば学校の敷地内にある、銅像の人。
    子どもの頃から、働きながらも学問を続けた勤勉家であって、
    副題になっている「農業の発展に尽くした偉人」であることは、
    これを読んでみるまでは全く知りませんでした。

    「困っている時は助けあうもの」という父の姿、
    「学問は物事を考えるもとになる」ということを知り、
    働きながら熱心に本を読むようになった経緯、貧乏の癖に
    本を読むなんてとバカにされつつも、二宮家を立て直す一心で
    小さな努力を続ける姿、なるほど、学校の銅像にもなるはずだと
    頷けました。

    「積小為大(せきしょういだい)」という言葉は、とても心に
    残りました。まさに、二宮金次郎の生き方を表していると思います。

    学問によって、考える力を蓄え、色んなアイデアでピンチを
    乗り切って生き抜いた二宮金次郎の姿、今の子ども達にも知って
    欲しいなと思います。是非、学校の蔵書にしたい一冊です。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット