もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

イチローへの手紙」 みんなの声

イチローへの手紙 作:ジーン・デイビス・オキモト
絵:ダク・キース
訳:吉池 幹太
出版社:河出書房新社
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年03月12日
ISBN:9784309266336
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,192
みんなの声 総数 6
「イチローへの手紙」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イチロー選手のすごさ

    • 花ぶらんこさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子9歳

    オリバーと大喧嘩をしたヘンリー、
    仕返しリストなんて作ってしまうほど嫌ってしまいます。
    そんな彼を第2次世界大戦の兵役経験者だった
    おじいちゃんがメジャーリーグのマリナーズの試合へ連れて行きます。
    今から60年以上も前に日本から海を渡って
    アメリカの土の上で野球をしている選手がいるってことを
    誰が想像したでしょうね。
    祖国を離れてアメリカに渡りそして戦争の為に
    日本を敵とみなして戦わなければいけなかった日系の方達の
    歴史を垣間見れます。
    イチロー選手はメジャーリーグに旋風を巻き起こしましたよね。
    普段野球を観戦しない私でも彼の活躍はとても嬉しく思います。
    そして彼の野球を通してこういう絵本ができたことも
    又素晴らしいことだと思います。
    ただ少し辛口で書かせてもらうと実際オリバーのした行為は
    本当にひどいものでヘンリーの許す心も大事にしたいんだけど
    彼の怒る気持ちもわからなくもないんですよ。
    後もう少しイラストが好みだったら良かったな。

    掲載日:2007/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「許す」こと

    野球のお話なのかなぁ、と思って手に取ったのですが、ちょっと違いました。

    些細な事で友達とけんかをしてしまったヘンリー。
    「文句があるんだったら口で言いなさい」と言うママやオリバーへの仕返しをあれこれ考えるところなど、親子共に「そうそう」と身近に感じながら読み進めていきました。

    ヘンリーのおじいちゃんは大の野球ファンです。マリナーズのイチローの活躍を眺めながら、ヘンリーにけんかの話を始めます。
    日本とアメリカの。え!それはまた大きなけんかの話だと驚いたのですが…

    60年前には絶対仲直りは出来ないと思っていた日本。
    国歌斉唱を高らかに歌うおじいちゃん。
    そのおじいちゃんがイチローや佐々木などの日本の選手を応援する心の動きを、淡々と話します。
    アメリカと日本の友好は貿易など利益優先かも知れないけど、一人ひとりの人間には心の傷を癒す長い時間が必要だっただろうと思われます。そして「ゆるす」勇気をもてたんだと。
    イチローや松井の活躍ぶりや、アメリカでの人気を見ていると、共に笑い合える事のすばらしさを感じます。

    ヘンリーが、おじいちゃんの話を聞いて勇気が持てた様に、この本を読むと、「許す」勇気が貰えると思います。

    我が家の小2の娘には少し難しかったようです。高学年向きかな。

    掲載日:2006/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日米の戦争の歴史

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、男の子6歳

    いかにも野球少年向けの絵本だろうと、手に取ったのですが、読み進めていくと、そうではなく、もっと歴史の負の部分に触れた作品であることがわかります。
    かつて日本とアメリカが戦争関係にあった頃、それによって心に傷を受けた人間がまだまだいらっしゃいます。この絵本は、アメリカが舞台なので、日本人の私たちから見ると、正直「へえー、そうだったんだ。」と、考えさせられました。イチローの活躍から、日米の戦争の悲しい歴史に触れられる絵本です。

    掲載日:2006/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • スポーツで皆が仲良くなれる。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    タイトルと表紙のみを拝見すると、イチロー選手や佐々木投手、野球のお話!?と思ってしまいますが、ストーリーは、「日本から来た二人の野球選手を、アメリカの野球場で応援することになるなんて、おじいちゃんが軍隊にいた頃には夢にも思わなかったよ。」 友だちとけんかをしてしまったヘンリーが、野球場で「許す」ことを学ぶまでを描いた作品でございます(o^_^o)
    ワタクシも戦争を知らない世代ではございますが、戦争のみではなく、テロでしたり、いがみ合いが耐えない地上(地球)で暮らす人間として、深く考えさせられた作品でございました。
    改めて、海外で活躍する野球選手やサッカー選手他の皆さんの健闘を称えたいと思えた素晴らしい作品でございました。戦争のみに限らず、お子様がもし、大好きなお友達と喧嘩をし、怒ったり落ち込んだりしている時に、読ませてあげると良い作品だと思います(o^_^o)
    おすすめです♪

    掲載日:2006/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • スポーツマンの効果と“許し”

    • 魔法の木さん
    • 40代
    • ママ
    • 石川県
    • 15歳、11歳、7歳

     友人に勧められ購入しました。
    ヘンリーがオリバーとけんかをしてしまいます。
    その日はおじいちゃんがマリナーズの試合を見にヘンリーを野球場に連れて行ってくれる日でした。
     野球を見ながらおじいちゃんは「日本から来た2人の野球選手をアメリカの野球場で応援することになるなんて、おじいちゃんがいた60年前には夢にも思わなかったよ。」と「許す」ことと「仲良くする」ことなどを野球と戦争を通して教えてくれる。
     小学校高学年の男の子で“どちらかというと本嫌い”の子を持つお母さんにお勧めです。
     少し気になるのは、絵本の中にみんな書いてあることでしょうか?もう少し読者に考えさせる要素があってもよかっのでは?とも思いました。
     絵もとてもきれいで、思わずうちの子はイチローのバッターボックスでのポーズをまねしていました。

    掲載日:2003/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • イチロー・マジックの贈り物

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子9歳、女の子3歳

     親友オリバーと大ゲンカしたヘンリーは怒りがおさまりません。どうやって仕返しをしようかとリストまで作りました。その日は、チャーリーおじいちゃんとセーフコフィールドにマリナーズの試合を見に行く日。おじいちゃんが迎えに来ても、ヘンリーの頭の中はオリバーへの怒りでいっぱいでした。球場で理由を聞かれたヘンリーは、おじいちゃんにけんかのことを話します。するとおじいちゃんは、自分ももう絶対に許せないと思ったことがあった…と、日本と米国の戦争について話してくれました…。 
     作者のオキモトさんはセーフコフィールドにこだまする「イ・チ・ロー」コールを体感し、「これは奇跡」と思ったそうです。ご主人が日系二世である彼女は日米開戦以来、両国間のわだかまりを常に感じてきたとも話してくれました。イチローから贈られた奇跡を何とか絵本にしたい、と創作したのがこの作品。大好きなイチローを通して、この国と日本の歴史を知る、本作品はそんな使命を担っているとも言えます。
     マリナーズのイチロー外野手が米国に与えた影響は野球に関することばかりではありません。地元紙は「イチローになりたい米国少年少女」の姿を伝え、日米文化融合の社会現象ともなりました。そして、もうひとつ、この作品にも描かれたように、第二次世界大戦で敵同士となった日米兵士たちの憎しみ・心のわだかまりをあっという間に解いてしまったこと。イチローを始め、米大リーグにおける日本人選手たちの活躍を一番喜んだのは、当地の日系人たちであったことは言うまでもありません。
     昨年の夏、英語版が出版され、今年の春、日本で邦訳版を手にしました。息子にはまだ読んでいないのですが、表紙を見た息子は「読む!」と張り切っていました。 対象は小学3−4年生ぐらいから。

    掲載日:2003/05/30

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / モチモチの木 / はじめてのおつかい / おおきな木 / ぜったいたべないからね

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット