十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おーい、めだか」 みんなの声

おーい、めだか 作:島津 和子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2003年03月01日
評価スコア 4.18
評価ランキング 16,534
みんなの声 総数 10
「おーい、めだか」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • メダカ、育ててます

    春になるとメダカの繁殖を楽しんでいます。
    水草も毎年(冬に枯れるので)ホームセンターで買いますが、卵がついてきたら。いいなー。いいなー。楽しいなー。
    メダカ鉢を見ていつも思うのが、もっとじっくり観察したいということ。
    なのに一時も止まっていない、泳ぎ続ける彼らを見ている内に時間が経ってしまう。
    そんな願いを叶える絵本でした。
    作者はどうやって描いたのでしょう。録画でもしたのでしょうか。

    メダカだけでなく水中も事細かに描かれ、ヌマエビやタニシなど我が家の住人もたくさんいて眺めるだけでも楽しい。
    あそこにクモが。あそこに何が。指さし見つけるのも楽しいですね。
    そして卵を持つメダカがいる喜び。本でも味わいました。
    願わくばヒメダカではなく、田んぼにいる古来の色のメダカが良かったな。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります

    知人にいただいた絵本です。めだかが卵から生まれて、大きくなるまでの成長が描かれています。4歳長女は、じっと聞いていました。絵がとても本物のように描かれています。メダカはちょっと大きくなると背骨も丸見えなんですね。めだかに詳しくなれた気がします。読み聞かせしつつ、めだかの勉強もできる1冊です。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • めだかのがっこうは かわのなか〜♪
    こんな童謡をうたいたくなるのですが
    絵本の 言葉が 詩的で 擬音語がリズミカルなんです
    ぴくぴく  つーん
    ぴくぴく  つーん
    めだかの誕生  
    あかちゃんは どうしてこんなにかわいいのかしら?
    大事に 成長を見守り 大切に 育てて 
    事前のなかだと 小さなめだかは 大きな魚に食べられるのもたくさんいるでしょうね
    メダカが成長して また たまごをうんで 赤ちゃんの誕生 
    輪廻を感じる絵本でした!
    島津和子さんは メダカたち小さな生き物のオアシスをつくってられるのですね〜
    こどもたちにも読んであげたい絵本です

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • めだかの一生

    • りゅうあさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    水草に付いためだかの卵が誕生し、成長、妊娠、そして再び卵が水草に付いて・・・という、めだかの一生のお話。

    魚は水族館やお魚屋さんで見ることはあっても、卵から生まれてどんな成長・生活を送っているのかなど、子どもたちは全く知らなかったので、とても興味深そうに見ています。

    めだかの動きもとても繊細に描かれていて、今にも絵本から飛び出してきそうですね。

    掲載日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • めだか

    小川で取ってきてめだかを飼ったことを懐かしく想い出しました。
    水道水では、駄目だから、小川の水もとってきた記憶があります。
    大きなかめで飼ったと思います。とても良く描かれていると思います。当時の50年も前の記憶が蘇ってきました。めだかが泳いでいるような絵にも見とれてしまいます。

    掲載日:2008/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • メダカに興味が湧く絵本

    メダカを飼った事がなくてでも興味があったのでこの絵本を選びました。メダカが泳いでいる姿も癒されました。そして、メダカの生態について知らない事を沢山学習する事が出来ました。卵から大きくなっていく様子は本当に感動しました。大きくなって今度はまた自分自身が卵を産むという循環がとても分かりやすくドラマティックに描かれていました。これを読んだ後はとても穏やかな気持ちになりました。娘は動いているかのようなメダカの姿にとても興味を示していました。今度は本物のメダカを見せてあげたくなりました。

    掲載日:2008/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • めだかの成長

    めだかの成長していく過程を描いたお話です。

    水草についていた卵からめだかがかえり、成長していきます。
    その過程を通して、めだかの繊細さや水草や生き物との共生が丁寧に描かれていていいなぁと思いました。

    是非、めだかを飼いながらこの絵本を読んでいくと面白いと思いました。
    めだかの成長を知るにはオススメの一冊です☆

    掲載日:2008/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • そのとおり。

    うちでもめだかを飼っているので、ほんとよく描けているなぁというのが感想です。
    子どもは、めだかがうんこをしている姿を探しては笑っています。今、ちょうどトイレトレーニング中だからかな?
    「めだかみたいに、どこにでもうんこしちゃ、だめだよ!」
    というと、素直に頷いています。

    掲載日:2006/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生き物観察入門編

    こどものとも年少版で配本された絵本ですが、どちらかというとかがくのともに近いかもしれません。
    この本を読んであげた頃、我が家には熱帯魚がいたので息子はとても喜んでくれました。
    きれいで分かりやすい挿絵で、水草についていた卵から他の生き物も産まれてめだかと一緒に成長していく様子や、卵から産まれためだかが大人になり、また新しい生命が育っていく様子がきちんと描かれています。
    淡々と観察するというだけではなく、すいすい泳ぐめだかに向かって、「おーい、めだか、きもちいいかー」と語りかけるなど、楽しさも交えて、相手も生きているということをしっかり意識させてくれるところが素晴らしいです。
    自然界に存在する小動物に興味を持ち始めたら、是非読んであげてみて下さい。

    掲載日:2003/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • めだかの学校

    • モリヘイさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子1歳

     なんだか 庭に池を作って めだかを飼いたくなりました。
     きれいなイラストで めだかがすいすい泳いでいます。歌のめだかの学校を歌いたくなるような絵本です。

    掲載日:2003/05/30

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット