ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

海をわたった折り鶴」 みんなの声

海をわたった折り鶴 作・絵:石倉 欣二
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784338180382
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,736
みんなの声 総数 8
「海をわたった折り鶴」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 折り鶴の語り継ぐもの

    実話に基づいた絵本です。
    広島の原爆とニューヨークのビルにジェット機が突っ込んだ同時多発テロ事件を結び付け、それぞれにテレビ画面に生々しい映像が悪夢ではなく現実であることを、このお話の折り鶴が伝えてくれます。
    全く時代も場所も異にする出来ごとを結びつけたのは、事故後のツインタワー跡地(グランド・ゼロ)にささげられた折り鶴。
    折り鶴には「祈り」があるのです。
    お話は折り鶴をアメリカに贈った佐々木雅弘さんの話ですが、贈られたのは佐々木さんの妹の佐々木禎子さんが折った鶴。
    原爆症で白血病を発症、若くして命を落とした禎子さんの祈りとして折り続けられ、保管されていた鶴なのです。
    そして、佐々木禎子さんは原爆の子の像のモデルになった女の子なのです。
    このエピソードを通じて、平和の大切さ、原爆の重さは決して過去形ではないこと、多くの思いがこの絵本に込められました。
    お話は哀しすぎるので実際に絵本に込められた「祈り」を実感して下さい。
    この絵本には「INORI」という歌の歌詞、譜面が収録されています。

    石倉さんの作品は多岐にわたり、画法でもマルチ的な活躍をされているのですが、この絵本は石倉さんの創作精神の根幹に通じるものだと思います。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    3
  • 忘れてはいけない

     原爆でサダコちゃんが亡くなって半世紀後、
     ニューヨークでの9.11。
     9.11は、テレビでライブで見ていたので、びっくりした覚えがあります。けれど、今ではかすかにおぼえているくらいです。

     おじいさんの
    「人間は、なんで悲しいことをくりかえすんじゃ」という言葉に、胸が痛みました。
     サダコちゃんの想いを忘れてはいけない、と思いました。
     
     小さな折鶴のいのりが、すべての人に届きますよう、、、

    掲載日:2014/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じ地球に生きている

    「人間は、なんで悲しいことをくり返すんじゃ・・・。
    もう、いやじゃ。」

    おじいさんの言葉に、胸が痛みました。

    本当に、どうしてこんな悲しいことを繰り返すんだろう。

    沢山の人の心が、悲しみで溢れることは分かりきっているのに、
    どうして残酷なことを考える人がいるんだろう。

    しかし、悲しみに暮れるだけで終わらないところに、
    おじいさんの強さと確固たる意思を感じました。

    「どこの国の人にも、こんな思いをさせたくない」

    国や人種は関係ないですね。
    同じ地球に生きているのだから・・・。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話です

    • 図書うさぎさん
    • 40代
    • ママ
    • 香川県
    • 女の子13歳、男の子12歳

    毎年6年生には必ず朝読の時間に紹介する本です。
    原爆の子の像ができるきっかけになった佐々木貞子さんのお兄さんが9・11のテロ事件をテレビで見ているところからお話は始まります。
    私は「さだ子と千羽づる」を読んで、最後にこの本のあとがきを紹介しています。子どもたちは秋の校外学習でヒロシマに行く前にこの本の貞子さんの写真を実際見たり、原爆症を発症するのが10年もあとだったことに驚いています。
    家族や友達は「白血病」にかかって残りわずかの命だということを最後まで隠していまたが、実際は自分の命が残りわずかだということを知っていたさだこさん。「死にたくない」と夜中ベッドの中で人知れず涙を流していたさだこさん。さだこさんの死を無駄にしない為立ち上がった旧友たち。
    実際に校外学習でヒロシマにおとずれた後、子どもたちから話を聞きますが、戦争の悲惨さを忘れないためにこれからも紹介したい本です。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今日も核実験のニュースを聞きました

    佐々木貞子さんは、2歳の時広島に落とされた原子爆弾の被害で10歳の時白血病が発病しました。そして悲しくも12歳の生涯を閉じたのです
    彼女はとても走りが早くてみんなとリレーの練習に励んだ活発な女の子だったのです・・・・
    それが 白血病に苦しみ、死にたくない!そんな願いを込めて 鶴を1000羽おって祈り、生きたい!と願ったのです。

    そんな少女の願いは叶えられませんでした(貞子さんの悔しさに、涙がでます このお話は実際にあったことなのです)

    貞子の死をみんなが悲しみ 募金活動をして、広島平和公園に貞子と折り鶴の銅像があります。
    こんな悲しい戦争の悲劇を忘れないために・・・・

    そして 9.11のアメリカ ニューヨークのツインタワービルが爆破され多くの人々が亡くなりました  あるきっかけで 10000万羽の鶴が届けられました

    今 トリビュートセンターに貞子の折った 折り鶴が展示されているのです(海をわたった 折り鶴ですね)

    そして、世界中の人々の平和を願って!
    一つしかない「命」の大切さ 尊さを今も訴え続けているのです

    戦争や テロ そして今も尚 戦争が起こっています、核実験もされています  なぜ? (人間の愚かさですね・・)
    こんな悲しいことは もうやめましょう!!

    このお話を読んで 貞子の思いを私たちは 伝えていかなければと思いました

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 平和を願います

    • ナォコ☆さん
    • 20代
    • ママ
    • 香川県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    実話です

    ヒロシマの貞子さんの折鶴と
    9・11のアメリカがこんな形でつながりがあることを初めてしりました

    子供に戦争の絵本を読んでやるのは初めてだったけど
    真剣に聞いていて
    何か感じてくれたようです

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深い悲しみを乗り越えての祈り

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    クミコさんが紅白で歌った「INORI」がこの絵本だったんですね
    わずか12歳で血液がんでこの世を去った、さだこさんの実の兄雅弘さんの語りで始まります

    きっかけは、9.11のテロの放映・・・・

    千羽の折りヅルで願いは必ず叶うと、飴の紙、薬の包装紙を小さく切って、病床で折り続けたさだこさん
    自分の病気を知りながら、家族や友人を励まし続けたと良さは一体どこにあったのでしょうか・・・・

    一度に多くの人が亡くなる「戦争」という不条理さに対しても、「憎しみの中からは憎しみしか生まれない」と最後まで家族に対しても感謝の言葉を残したという・・・

    祈りは必ず叶う・・・叶うまで祈り続けることが今生きている私たちの一番出来ることかもしれない

    掲載日:2011/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつの時代も

    この本は子供とは読まず

    ひとりでひっくり読みました。

    こういう戦争の話、どれも似たような話が

    正直多いですが、だからといって

    『なんだ、これ・・・』とは決して思いませんが。

    最後に歌の譜面と折鶴の折り方が

    記載されています。

    お話を読んだ後にこのページをみると

    ちょっとグッときました。

    掲載日:2011/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / 給食番長 / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット