あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

やさいむらのなかまたち 秋」 みんなの声

やさいむらのなかまたち 秋 作・絵:ひろかわ さえこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2010年09月
ISBN:9784034361306
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,183
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しいたけも仲間だーい

     「こころのちずをひろげると ふるさとちほうのかたすみに 「やさいむら」がのっています」、こんな詩的な書き出しで始まる絵本は、『やさいむらのなかまたち』という季節ごとのシリーズものです。
     秋の巻は、男爵さまとおだてられ都会へ出たものの、そこでは「イモ」となじられた「じゃがいもくん」の紹介から始まります。
     絵本、というよりも漫画っぽい、でありながら、それぞれの野菜を紹介する「ねほりはほり」というページは、その特徴をうまくまとめています。
     「じゃがいも」でいえば、ちゃんと「ナス科ナス属」の野菜とまず書かれています。
     そのあとに名前のいわれ、例えば「男爵いも」と呼ばれるのは川田男爵が持ち込んだ品種だとかそういう話。
     さらには、栄養とか保存のことも書かれています。
     ちょっとした豆知識として、給食の時間なんかに使えそうです。

     「やさいむら」の秋編には、どんな野菜が紹介されているでしょう。
     じゃがいも、ほうれんそう、さといも、せろり、さつまいも、とうがらし、しょうが、しいたけ、です。敬称は略しました。
     この中でひとつだけ本当は仲間はずれがいるのですが、わかりますか。
     答えは「しいたけ」。
     しいたけは植物ではなく菌類なんですね。
     でも、「やさいむら」のみんなは仲良しですから、仲間はずれになんかしません。
     そんなところがなんともほっこりする、いい村です。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ためになりました!

    ためになりました!・・なんて書くと、お勉強めいて聞こえて
    しまいそうですが、楽しく、わかりやすく、知らなかったこと
    を知ることができてよかったなあって思うのです。イラストも
    かわいらしくてね。
    ルーツや、栄養、保存方法、名前など、なるほどなるほどって
    頷きながら読みました。
    娘はまだこの絵本を読んでいないのですが、
    これを読んだらきっと、何か「やさい」に関する絵本を描きそ
    うな気がします(笑。楽しむと、すぐに「自分でもやってみた
    くなるヒト」)。
    じゃがいもを「ばれいしょ」と呼ぶのは知っていましたが、
    それがなぜか?なんてこと、全く気にせず半世紀も生きてきて
    しまいました。絵本を読むことによって、知らないくせに、気に
    してなかったことを知ることができてうれしいなあ。

    掲載日:2016/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野菜の事

    このお話は、8種類の秋の野菜のルーツや栄養など色々な方面から野菜の事を紹介してありました。うちの子は野菜は大好きなのでいろいろな野菜の豆知識を知ることができてとても楽しそうでした。大人も読んで「へぇ〜!!」と思う事も多かったような気がしてためになりました。

    掲載日:2015/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • お野菜が可愛い!!

    ひろかわさえこさんの絵と文章を
    読んでいるだけで
    楽しい気分になります。
    長年主婦をしてきた私も
    お野菜の特徴を見て、
    そういうお人柄?だったのか。。と
    妙に納得してしまいます。

    いまは年中出回っている
    お野菜もあって
    旬の季節がわからないものも多く、
    この可愛い絵本で
    いろいろ学べます。
    小さいお子さんなら可愛いお野菜さんの絵を、
    小学生ぐらいなら わかりやすく楽しく学べるし、
    大人の私は
    「へぇ〜そうだったのか」と認識しながら、
    ホッコリした気分が味わえました。

    掲載日:2015/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • セロリも秋なのね

    表紙のイラストがとても可愛らしく
    やさいに興味を持ってくれたらと
    親子で一緒に読んでみました。

    秋のやさい・・・いもにきのこなどなど。
    定番なやさいに混じって、セロリが秋のやさいとは
    知りませんでした!

    4コマ漫画もあって、子供には読みやすいようで
    何度も何度も繰り返し読んでいました。
    保存方法も書かれているので
    とても参考になりました。

    やさい嫌いな子も読んで楽しめたら
    少しずつ食べられるかもしれません!

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても楽しい絵本です

    最近、置いておくと息子が必ず読んでいるのがこのシリーズです。

    野菜キャラクターのお話だけでなく、秋野菜のルーツや特色まで詳しく書かれています。

    じゃがいもくんは、男爵って呼ばれているのに都会へ行くと「いも、いも」って言われるってあたりには思わずクスッとしてしまいました。

    息子は野菜についての発表を三年生の時にしました。この本があったらより楽しく学べたかもしれないなあって思いました。

    親子で楽しく野菜について学べるとても楽しい絵本です。イラストもとてもユーモラスでかわいいです。

    掲載日:2013/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット