だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

地のそこの国」 みんなの声

地のそこの国 作:西野綾子
絵:阿部肇
出版社:ひくまの出版
本体価格:\1,200+税
発行日:1989年07月
ISBN:9784893171238
評価スコア 3
評価ランキング 36,889
みんなの声 総数 1
「地のそこの国」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人生における艱難辛苦そのもの

    最近息子がよく一人読みしているのがこのシリーズです。わかりやすい内容なので読みやすいようです。

    美しいヤガミヒメを嫁にしたことから兄たちからやっかまれるオオナチム。

    兄たちのいじめから根の国へ逃れます。そこでの苦難の数々は、人生における艱難辛苦そのものという感じがしました。

    神様とて万能ではなくて何かに守られているんですね。

    先に日本の神話4から読んだのですが、日本の神話3の「イナバの白うさぎ」から読むと、オオナチムと兄たちの関係が一層明らかなものになりました。

    兄たちのいじめ壮絶なものだなあと思いました。

    根の国でオオナムチを助けてくれたスセリヒメがその後どうなったか?気になりました。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット