クリスマス くろくま クリスマス くろくま クリスマス くろくまの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
みんなでプレゼントを持ち寄って、さあ、クリスマスパーティーのはじまりです。サンタさんからもステキなプレゼントがありました!

ちいさな神さま」 みんなの声

ちいさな神さま 作:西野綾子
絵:阿部肇
出版社:ひくまの出版
本体価格:\1,200+税
発行日:1989年07月
ISBN:9784893171245
評価スコア 3.33
評価ランキング 36,956
みんなの声 総数 2
「ちいさな神さま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 神話にハマると面白い!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    子ども向けの日本神話シリーズ5巻です。
    タイトルが気になってこの巻だけを探してきたので、シリーズ全体がどんな作りになっているかはよく知りません。
    低学年のお子さんでも気軽に読める大きな字で行間も広くお話自体コンパクトにまとまってかなり端折って作られているような気がしました。
    導入されているイラストはほとんど各ページにあり、見開いてみると字よりも絵のスペースの方が広いが目につきました。

    実は私、若い頃「スクナヒコ」が妙に好きで、いろいろな文献を結構読みあさったんです。
    小さい小さい神様であるスクナヒコは、なかなか面白いキャラクターで、神話時代の日本には欠かせない存在です。もし、この児童書を読んで、興味を持った子どもたちがいたら、
    もう少し踏み込んだいろんな神話や日本の神様の話を調べてみては?
    日本の神様って、全然神さまぽくなくって、調べてみるとキャラが濃い方が多くて面白いですよ。
    たとえるならギリシア神話のオリンポスの神様たちに似てるかも!
    ヨーロッパの神様と日本じゃ地球の反対側なのに、不思議ですよね?
    こんな神話の不思議などにも興味を持つお子さんが増えてくれるといいな〜。

    掲載日:2011/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我慢くらべ

    最近息子が一人で読んでいます。

    神話の時代にも小人がいました。

    そういえば「だれも知らない小さな国」でもスクナヒコのことが出ていたような気がします。

    スクナヒコとオオクニヌシの我慢くらべに「えー?」と思ってしまいました。土を袋に詰めて担ぎ何日も歩き回るのとうんこをしないで歩き続けることの我慢です。

    神話に出てくる神様たちは妙に人間くさいところがありますが、この我慢くらべは何でしょうね。笑ってしまうような我慢くらべだと思いました。

    小さくても知恵のあるスクナヒコとオオクニヌシとのやりとりと芽生えた友情がおもしろかったです。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ぼーるとぼくとくも』 加藤休ミさん インタビュー!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット