雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

ねずみのなるき」 みんなの声

ねずみのなるき 作・絵:さとう わきこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2001年04月
ISBN:9784577022504
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,762
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • びっくりの結末

    • 環菜さん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    猫に食べられそうになったねずみ。そんなねずみが食べられないために出した交換条件が「ねずみのなるきのたねをあげる」。
    そして猫は、ワクワクしながら種を植え、大事に育てます。
    このお話の流れだと、「ねずみなんかならないじゃないかー」とか「ねずみより美味しい実がなった」とか、そういう展開かなと予想しながら読んでいたのですが、ちょっと驚きの結末でした。あえてここでは書かないことにします。
    ビックリはしますが、素朴なイラストなので、小さな子でも読みやすいのではないかなと思います。

    掲載日:2014/05/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「こわ〜い、いやだ〜」と子どもが大泣き、読み聞かせた結果、子どもが怖がり、うなされ、寝なくなる絵本です。絵本は読み聞かせる前に中身を確認すべきだと思い知らされました、これだけは絶対によいと思わない。大きいネズミなんて大人でも怖いでしょう。言わずにはおれない、これは読み聞かせてはいけない。

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一生懸命育てたのに・・・

    このお話は、一匹のネズミを捕まえて食べようとしたときに、そのネズミからたくさんネズミがなる木の種をもらって育てるお話でした。嵐にあったり、鳥に奇襲されたりしながら一つの身を一生懸命守って育てたのですが…中から自分よりも大きなネズミが表れて追いかけまわされていました。このさんざんな結果にうちの子は大笑いでした。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモラスな結末でした

    ねずみがねこに渡した実に、
    はたしてどんなものがなるのか?
    ねこの想像は絵になっていたので
    それはハズレでしょうと思っていたけれど
    予想はことごとく外れました。
    面白いですね。
    なんだか友達になったようだし、、。

    掲載日:2016/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモア絵本!

    このシリーズの面白さは,絵本なのにまるで映画のショートストーリーを見ているような感覚になってしまうことです!
    色彩は黒白に今回はオレンジ。とってもシンプルなのに,どんどん引き込まれてしまうんです!
    お話の内容はまさにユーモア絵本。
    大人が読んでもとっても楽しい絵本でした。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • これって、怖いです!(笑)

    さとう先生の作品と知り「よくばりすぎたねこ」のようなお話かな?と思いながら読みました。
    絵も大きくはっきりしていて、文も短く簡潔です。
    順調に読み進めていったら、なななんと・・・・・・。
    これって、怖いです!(笑)
    ねずみの持っていた種はどこにあったのでしょう。
    あ〜、ホントにビックリでした。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べられるかな

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    ねずみを食べたいねこがねずみのなる木を育てます。
    …これは食べられない展開だろうなーと思いながら読んでしまいました。
    はたしてねずみは本当に木になるのでしょうか?
    木にねずみができるさまを想像力豊かに想像するねこがゆかいです。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • オレンジ色以外はモノクロ

    「わっ!」と、思わず驚いてしまうようなこの発想!

    少ない文字とシンプルな挿絵で、すっかりひとつの世界が出来上がっています。

    オレンジ色以外はモノクロの、独特の世界観・・・。

    てっきり外国の絵本だと思っていたら、
    作者さんは日本のかたなのですね。

    国内には、無いタイプの絵本だと思います。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは、怖い!

    「ネズミのなる木」!?
    これは、本当に驚きです。
    何とも疑わしいのですが、ネコは大切に大切に育てているんですよねー。
    食い気いっぱいのネコですが、最後の最後に驚きの結末が!!
    これには、私も本当に驚きました!
    あえて書きませんので、ぜひ、絵本でこの衝撃を受けてくださいませ。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうきたか〜

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、男の子8歳

    獲物が木になるお話といえば「ぶたのたね」シリーズを想像してしまいますが
    こちらは猫が主人公の「ねずみのなる木」です!
    さてさて、どんな結末になるかと思ったら・・

    一生懸命育てた猫さんですが、
    育てる過程がテンポよく描かれていて、面白かったです。
    最後はどうなるかというと読んでのお楽しみですが
    楽して過ごそうというお話は、やっぱりうまくいかないですね。

    白黒っぽい絵でシンプルで、ちょっとブラックユーモアも入っていて
    楽しく読みました。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おやすみ〜
    おやすみ〜の試し読みができます!
    おやすみ〜
     出版社:くもん出版
    大好きなものに「おやすみ〜」と挨拶する赤ちゃん。おやすみ前の1冊にピッタリ!


おそろしくも愉快な『カレー地獄旅行」!「ひげラク商店」安楽雅志さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット