おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

おとうとねずみチロのはなし」 みんなの声

おとうとねずみチロのはなし 作:森山 京
絵:門田律子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年07月
ISBN:9784062082648
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「おとうとねずみチロのはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 教科書の続き!

    小1の時の教科書についていた「おとうとねずみチロ」の
    古びた感じの絵本が図書館にあるのを見つけ
    嬉しくなって上の子(小2)と借りました。

    お話が5つ載っていて、それぞれがほのぼのとしていて
    楽しい3匹の兄弟のやりとりです。

    低学年なら1人で読むのにもお話が区切られているので
    読みやすく音読にも良いなと思います。
    私が読んだ後、弟に読んであげていて
    私もほのぼのしました。

    チロの続きが見たい方も必読です。
    可愛いねずみの兄弟のお話です。

    掲載日:2010/08/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 字に慣れていない本好きの子どもたちに

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    この本は、図書館で探して借りてきたのですが、「のぽぽんぽん」さんの感想を読んで、どこかの教科書に載っているお話なのだと知りました。
    私自身も子どもたちの教科書にも載っていなかったと思うので、違う出版社の教科書に載っていたんですね〜。

    可愛いねずみのチロの話です。
    タイトルに『おとうとねずみ』と入るのは、チロが3人きょうだいの末っ子だからです。
    門田律子さんが挿絵を描いてくれていますが、ねずみたちも可愛いし、自然いっぱいのねずみたちの家や家具の1つ1つにもすごくこだわりを持って描いていらっしゃるな〜と、感じました。

    低年齢の本好きの子どもたちを意識しているのか、文のレイアウトも大きく空いていて、各ページに挿絵が多く、字に慣れていない子どもたちが読みやすい作りになっています。
    内容も1冊の中に、ねずみのきょうだいたち、特にチロの目線から描かれた世界を5つのショートショートにまとめてあるので、読み手の小さなお子さんたちを考えているのかな?と、思いました。

    シリーズ第1作目のこの巻は、「しましま」「すうすう」「くんくん」「ずきずき」「ぶかぶか」とお話が載っています。
    特に、「しましま」はチロの最初の話で、家族やきょうだいたちの設定がよく見える可愛らしいお話でした。

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット