ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ふうじんくんとらいじんくん」 みんなの声

ふうじんくんとらいじんくん 作・絵:古川 タク
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2001年09月01日
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,138
みんなの声 総数 9
「ふうじんくんとらいじんくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • つい声がおおきくなります!!

    この絵本を読んでいると、ついつい声が大きく
    なってしまいます!!
    ふうじんくんとらいじんくんが、とっても楽しい
    かけあいをしてくれるんです♪
    娘も全然あってないのですが、どんどこどんどこと、
    いろんな言葉を並べて楽しんでくれてます♪
    目立たないのですが、絵本の下にいる男の人の動き
    にも注目ですよ♪

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作者の風神雷神との出会いそしてそれを、温めて この絵本ができたのかな?

    マンガチックでかわいいらいじん ふうじんのであい
     
    時代背景の キツネと お侍の出会いも見逃せませんが・・・

    年に一度のふううじん らいじんのコンサート リズミカルで楽しそう
    こんな コンサートのような、カミナリや 大風なら 人間も被害を被る事もなさそうですね(このごろの 雷や台風の被害は怖いですものね)

    二人のコンサートは楽しいです!  リズムがおもしろい
     おや?、時代背景も 昔から現代に変わってる
    スポーツカーは なんと キツネのしっぽが・・・?

    マンガチックなふうじん らいじんでした

    裏表紙のコメント 「俵屋宗達の風神雷神の絵をみてね」

    作者のお願いに笑えました(好きなんですね 風神雷神)

    掲載日:2012/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポケモンみたい

    今のポケモンにこの風神と雷神に似たボルトロス、トルネロス、ランドロスというキャラクターが出てきているのですが、うちの子はそれが気に入っていているのでこの絵本も楽しそうに見ていました。ポケモンみたいに3匹いないのがちょっとがっかりしていました。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともが好きなのでこの絵本を選びました。風神と雷神が仲がよいのが良いと思いました。二人して一生懸命に楽しみながら音を奏でる様子が素敵でした。奏でる音が独特なのも心を引かれました。演奏を終えたときに見せる陶酔した表情の描写が気に入りました。風神雷神を身近に感じられる様になる絵本でした。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカル

    本当はリズミカルな風神雷神のコンサートなのに、カタカナが上手く

    読めなくて苦労(?)しました。

    上の世界と下の世界を両方描かれていて狐の化かしものが気になって

    ました。両方楽しめるのが魅力です。

    下の世界の解説がないので、好きなように楽しめました。

    掲載日:2010/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカル

    風神くんと雷神くんがコンサートをするお話です。

    とにかく絵本に出てくる言葉がリズミカルで良いなぁと思いました。
    二人の掛け合いだったり、楽しそうな表情だったりが垣間見れる所が好きです。

    一度は子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • こまかいところがいい

    ふうじんくんとらいじんくんのやりとりが
    声に出して読んでいると面白い。

    細かく描かれた下界の部分は、ついつい
    読んだあとも改めて見直してしまいました。

    元になった風神雷神図のことにも触れていて、
    小さな子向けにつくられているのに
    おさえるところはちゃんとしていて良いです。

    掲載日:2008/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • うふふ、そうきたか!

    俵屋宗達の風神、雷神をかわいい絵本の主人公にしてしまい、空の上での大コンサート。
    ほとんどが、楽器の擬声音という読み手泣かせの本です。
    毎回リズムもテンポも違っているのですが、小学2年生の娘は、この本の私による読み聞かせがだいすきです。
    空の下の地上では、また違ったお話があり、この本は天上界、地上界と二度読んで一回という本です。
    最後のページの地上でのオチが大のお気に入りの娘です。

    掲載日:2006/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムがいい。

    この絵本を読んでとても笑えました!!なんだって、とてもリズムがいいからです!!読んでいてとても楽しくなったし聞いている方も楽しくなるのではないでしょうか?
    それと下に描かれている絵もなにげにつながっているので、見たときは、「うわ〜!!」と思いました。
    リズムと絵を同時にたのしんでもらいたい絵本です。

    掲載日:2005/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット