あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

紙芝居 ひゃくまんびきのねこ」 みんなの声

紙芝居 ひゃくまんびきのねこ 出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1986年
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
「紙芝居 ひゃくまんびきのねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シンデレラキャット

    絵本にも確か同じ題であったような・・・
    と、借りてみました

    たいそう としをとったおじいさんおばあさんは
    なかよしだけど
    笑ったことがない・・・
    かわいそうですよね

    で、ねこを飼いたいというおばあさんのために
    おじいさんが探しに

    あらあら・・・
    大変です
    いっぱい居すぎます(^^ゞ

    で、それぞれ自分が飼われたいものですから・・・

    はいいろで、控えめで
    争いが嫌いな汚らしいねこちゃんが・・・

    シンデレラキャット ということでしょうか

    でも、竜巻で他のねこちゃんたちは
    どこに行っちゃったんでしょ・・・
    心配です

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本とは違った味わいがあります。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    実は、私は最初に出会った「ひゃくまんびきのねこ」はこっちの紙芝居の方でした。
    当時入ったばかりの町のボランティアグループで、先輩ボランティアの方が子どもたちに読んでくれた紙芝居がこれでした。
    原作に比べると、色もはっきりしていて、線の感じも違いますが、これはこれで個人的に好きな作品です。

    紙芝居らしく描かれているので、絵本とは違った面白い味わいがあります。
    小さなお子さんからでも見やすいと思うので、機会のある方はぜひ、読んでみてください。

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット