もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

木のなかのふしぎな家」 みんなの声

木のなかのふしぎな家 出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\951+税
発行日:1989年02月
ISBN:9784265011179
評価スコア 4
評価ランキング 24,302
みんなの声 総数 1
「木のなかのふしぎな家」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スウェーデンの作者のおはなしです
    エドワードという男の子が、見つけた羽のついた種は、植えると大きな木になりました。
    おひさまがいろんな 表情しているのです。
    大きな木は、見たこともないくらいの大きさです。
    木から降りてきたかごに乗った エドワードは、すばらしい木の上の家の中にはいるのです。
    夢のようですが、すてきだな〜
    夕食も用意されていて 食べた後 木の上で 夕日を眺めるなんて なんて ロマンティックでしょうね(あこがれます! )

    そしてふしぎな 生活が エドワードの目の前に現れるのです。

    なんと 月日がながれて 秋 風がつよい風をふく絵が 優しくて ふくよかで、いいな〜
    木の葉は色づき エドワードが葉っぱをはきあつめたり 五日目は、もう冬 雪がたくさん積もっています。
    なんと早く月日が流れるのでしょうね
    春 小鳥のように飛んでみたいと空中をジャンプします
    なんと 木はなくなり エドワードは、地面に座っていたのです

    おや? 
    木の上の家の生活は 夢だったのかしらね?
    彼の夢の世界だっzたのかもしれませんが 
    木の上の家 楽しそう! あこがれますね! 
    太陽がいつも見守ってくれているようでした。木の絵がユニークで優しくて 見ているだけで 気持ちが優しくなるのです。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「あかちゃんがよろこぶしかけえほん」シリーズ インタビュー!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット