おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

くじゃくのはなび」 みんなの声

くじゃくのはなび 絵:丸木 俊
訳:君島 久子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\580+税
発行日:1979年10月
ISBN:9784033131009
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「くじゃくのはなび」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美しいくじゃくのはなびの わけ

    美しい仙女は 五色のかみをなびかせ くじゃくの 姿をしていました

    仙女はの羽をひろげると 暑い夏の 日のひかりも うららかな 春のひざしにかわるのです(今この仙女が、暑い地球に やってきてくれたら いいのにな〜)

    くじゃくたちは この仙女の弟子になりたいと思って競っていたのです

    ただ一人のくじゃくは、弟子になれるとは思わず、ぶらぶら歩いてそこで出会った困っている人に 自分の羽をあげて 助けてあげるのですこのくじゃくは 自分の羽が無くなってしまうのです。

    (自分の羽が無くなるまで人のことを助けるくじゃくは、なんとやさしいのでしょう。この優しさはどこから生まれるのでしょう)

    ある病気の男のこがお母さんと話しているのを聞いて、「はなびをあげたら 坊やの病気がよくなり 早く治る」というお母さんとの会話を聞いて 自分も力になってあげたいと思うのですが・・・・自分の羽は他に人全部あげてしまって・・・・しょんぼりしていました

    この優しいくじゃくの姿を見た仙女は 心を打たれるのです!

    他のくじゃくは自分が弟子にしてもらうことばかり考えています

    このけなげなくじゃくは 自分の事よりも 人の事を助けてあげるのです
    なかなか できないことですが・・・・・
    言うまでもなく このくじゃくは 仙女にじゅもんをおしえてもらうのです。
    病気の男の子の願いが叶うのです。
    それはそれは 美しい花火でした

    このおはなしのくじゃくのおかげで 男の子は元気になるのです(くじゃくは、どんなにか 喜んだことでしょう)


    神様は心優しいものをよく見てくださっているんですね

    このお話を読むと 心優しくなりますね
    このくじゃくのようにはなかなか できませんが 少しでも良いから心優しいことができたらいいな〜と思いながら読みました

    丸木 俊さんの絵が優しくきれいでした!

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • くじゃく仙女の弟子になろうとするくじゃくたち。
    着飾ったり、香をたきこめたり、身づくろいをして競い合う目立ちたがり屋の仲間の中で、一羽のくじゃくは違いました。
    自分の羽を人のために与えてしまって、綺麗な羽はなくなってしまいました。
    羽がなくなったところでたどり着いたのは、くじゃくの花火を見たいという病気の子どもがいる家。
    くじゃく仙女は、そんな無欲のくじゃくを弟子にして秘伝を授けました。

    中国の民話です。
    花火にこのような見方があるのが、とても新鮮に感じられました。

    掲載日:2012/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット