なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
るるこるさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

「もぐらのもっくん」 みんなの声

もぐらのもっくん 作:松竹いね子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 2
「もぐらのもっくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもだち みーつけた!

    もぐらのもっくんが可愛いと思いました。

    「カリ カリ カリ カリ

      カリ カリ カリ カリ」

    壁を伝わってくる不思議な音につられて、慌てているもっくんは、ぶつ

    かってばかりです。何度もぶつかっても音を探してるもっくんがみつけ

    たのは、一番ほしかったお友達でした。

    野原の下でもとちゃんと仲良く暮らせるようになったもっくんは、幸せ

    そうです。もとちゃんは、女の子らしくお部屋の蓮華草で飾り居心地も

    良さそうです。二人のあかちゃんまで想像してこの続きが読みたいです

    お友達がいるっていいなあって思いました。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • もぐらの大冒険

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    6歳と4歳の子供たちに読みました。

    昼寝中のもぐらのもっくんは「カリカリカリカリ」という音で目を覚まします。
    その音がどこから来るのか知りたくなって、巣穴を飛び出し冒険に出ます。
    その音の正体は、一体何だったのでしょうか。

    温かい絵が春の様子を伝えてくれます。
    文章も分かりやすく書かれていますので、「年中向き」とありますが、
    年少さんでも十分にお楽しみいただけると思います。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】「ポニー・ブックス」シリーズ 編集者・佐々木さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット