だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ごきげんなライオン たのしい空のたび」 みんなの声

ごきげんなライオン たのしい空のたび 作:ルイーズ・ファティオ
絵:ロジャー・デュボアザン
訳:今江 祥智 遠藤 育枝
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年09月
ISBN:9784776404255
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,907
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 読んでスッキリ!

    夏。ごきげんなライオンはフランソワくんと一緒に海へ出発。汽車にもバスにも乗せてもらえない。でもちっちゃなおばあさんの車の荷台に飛び乗り、ステキなドライブ。おまわりさんに、ライオンを連れて、道をあるいてはいけないと、捕まりそう。決まりだから。
    フランソワくんとおまわりさんと3人で、気球に乗って、海の上を飛んでいた。
    雷でロープがちぎれ、船員たちに助けられたフランソワくんとおまわりさん。ライオンは1人気球に残され、北の果ての浜辺に着いた。ここの人たちの歓迎を受けて・・・
    最後はみんながライオンを仲間として、受け入れてくれる。
    車の荷台に乗り、ごきげんなライオン、星空にうっとりするライオン、船のラジオから聞こえる音楽を楽しむライオン。
    思うようにいかなくても、誤解されても、ライオンみたいに、ごきげんでいれば、ステキなことが待っているんですね。

    掲載日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 海を見に行った二人

    ごきげんなライオンのシリーズの一冊。
    飼育係の息子フランソワくんとごきげんなライオンが海にゆことにしました。
    汽車で行くことにしたのですが、駅の鉄道係の人は決まり決まり。
    バスでも決まり決まり。
    そこへちっちゃいおばあさんが車でやってきました。
    このおばあさん、素敵ですね。
    フランソワくんとライオンくんは、ドライブすることができました。
    その次は、バイクのおまわりさんに文句を言われます。
    またまた、決まり決まりです。
    逃げ出した二人が行ったのは、お祭りをしている町の広場。
    お話はまだまだ続きます。
    色々なことが起きますが、ライオンくんはいつも、お利口で冷静です。
    落ち着いてごきげんでいると、すべてハッピーに行くような気がしてくる
    ごきげんな絵本です。
    決まりも、変更になりました。
    最後に、奥さんのライオンも出てきます。

    掲載日:2016/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • このライオンは、どこに行ってもいいライオンなのですね!

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    我々が思っているような獰猛なライオンでは全くないのです。フランソワがライオンの飼育係の方の息子さんであると言う事実も判明したし、細かい事を気にせずに読む事が出来ました。このライオンは特別なライオンなのですから。

    掲載日:2014/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しいきまり

    「たのしい空のたび」というタイトルですが、楽しいというよりは、ハラハラ・ドキドキの大冒険ではないでしょうか。
    最後は、無事に家族のいる動物園に帰ってこられたライオンくん。
    一安心ですが、とっても気になることが・・・
    「らいおんくんは どこへでも すきなところへ いっていい」という新しいきまりです。
    これによって、次回からは、冒険のスケールが大きくなりそうな予感がします。

    掲載日:2013/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いくら、ごきげんライオンくんが普通のライオンではないにしても、町中を歩いたら誰もが逃げるでしょう。
    フランソワ君と海に出かけたライオン君。
    列車にもバスにも乗れないし、車に乗せてもらおうとしたら人は逃げていくし…。
    それでもフランソワ君もライオン君もめげないのです。
    そんなライオン君を逮捕しようとするおまわりさんとの珍道中。
    気球に乗って空を旅したり、船にのったり、北の果てにまで行ってしまったり、今回の「ごきげんのライオン」はスケールが大きいのです。
    ハラハラドキドキ、とても楽しいお話し。
    ゴールはやっぱり住み慣れた動物園でした。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ライオンと人間の共存?

    5歳の息子に読んでやりました。仲良しのフランソワくんと一緒に海を行く予定が回り回って空の旅に・・・。なんとか動物園に戻ってきますが、一種の冒険ストーリーですね。それにしても、今回おもしろいなーと思ったのは、フランソワくんがライオンを連れて行くにあたり、一緒に乗り物に乗れると思っているところ。もともとこのストーリーの世界ではライオンがライオンだと思っていないところが滑稽ですが、人間のフランソワくんもライオンくんと一緒に電車やバスに乗れると思い込んで、ひと悶着が起きていくのです。これって、ライオンと共存できると思っているのか、そう願っているのか・・・。他の動物はそうでもないので、異様にライオンだけに執着心があるのでしょうか。ちょっと不思議。作者の願いなのかもしれませんね。息子はただけらけら笑って楽しんでいましたが・・・。

    掲載日:2012/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 滑稽かな

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    フランソワ君とごきげんなライオンが海を見に出かけるというお話ですが・・・・
    規則にこだわる大人の姿が滑稽にも映ります
    ある意味法律や規則で縛りあげている社会体制に対する批判とも受け取りました

    臨機応変にその場の対応ができる大人の寛容さみたいなものがもっとあれば、どんなに子どもたちはのびのびと過ごすことができるのだろうと…

    掲載日:2011/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハプニングだらけ

    ライオンくんとフランソワくんの二人の旅は、ハプニングだらけの旅でどうなってしまうのか、ハラハラドキドキで読みました。自分なら、きっと困ってしまって途方にくれているだろうと思いました。「そりゃ、いけないという決まりは ないんだがね。いいという決まりもないんだよ。」の繰り返しに少しうんざりしてしまった私でした。でも、実際にライオンくんを見かけたら一番に逃げるのも私なんだと思いました。ちっちゃなおばあさんみたいに親切で優しい方もいるし、ライオンくんを歓迎する人たちもいるので嬉しくなってすっかりご機嫌なライオンくんのファンになっていた私でした。ラストの、「いい知らせだよ」に本当のよかったと思いました。すっかり、ご機嫌なライオンくんシリーズにはまってしまった私です。

    掲載日:2011/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間社会って、《規則規則》でメンドー

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    私は今まで読んだこのシリーズの中で、一番この話が好きかも〜!!
    ライオンくん、可愛いです。
    そして、どこまでもライオンくんとフランソワを追っかけてくるおまわりさん。良かったです。

    ライオンくんって、この物語の中じゃ、もうどこでもフリーパス状態かと思っていたら、意外に人間社会は面倒で、《規則規則》って、うるさいのに笑っちゃいました。
    そんな中、フランソワとライオンくんを車に乗せてくれたちっちゃなおばあさんはかっこよかったです。

    ライオンくんはますますあぶらが載ってる感じで、これからも新刊が期待できそうです。

    掲載日:2011/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハプニング続き

    ライオンくんと旅に出たフランソワくん。

    二人の旅は乗りものに乗ろうとするたびに、「きまりもないんだから、
    とにかくだめ」と言われてしまいます。

    息子は断られるたびに、「ああさっきと同じこと言われてる」と言っていました。

    お役所的な断り方は日本だけではないようですね。

    こんな風で大丈夫かしらと思っていたら、思いがけず気球に乗ってしまいハプニング続きだなと思いました。

    終わり良ければという感じもありましたが、終わり方にはとにかくほっとしました。

    人柄のよいライオンくんなので、無事であってほしいと願うのは私だけではないでしょう。

    息子も私同様事の成り行きにほっと胸をなでおろしたようです。

    これがシリーズ四作目ということで、続けて読んできたはずなのですが、前の作品を忘れていることもあり、

    一作目からまた読み返したくなりました。

    掲載日:2011/01/03

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / お月さまってどんなあじ? / ちいさなあなたへ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット