ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

まいにちまいにちたんじょうび」 みんなの声

まいにちまいにちたんじょうび 作・絵:正高もとこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2010年10月6日
ISBN:9784033318905
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,902
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • たんじょうび大好き

    娘は3歳の頃
    「今日は、おかあさんのたんじょうび!
     おめでとう!!!」
    と毎日のようにお祝いしてくれました。

    「そんなにたんじょうびがきたら
     はやくおばあちゃんになっちゃうよ。」
    といっても???
    たんじょうびは一年に一度とわかるには
    ちょっと時間がかかりました。

    それほど
    たんじょうびって子どもにとって
    とてもうきうきしてくるすてきな日ですよね。

    この本のいっこちゃんも
    「まいにちたんじょうびして!」
    とお願いします。
    たんじょうび大好きなところが
    娘と重なって楽しく読み進めました。

    いっこちゃんのお願いにこたえるお母さん。
    二人のやりとりがとてもすてきです。

    読んでみて、
    いっこちゃんのお母さんのように
    (子どもとの時間をゆっくりと過ごしたいな。)
    (生活の中での「できるようになった」という
     ちいさな成長を見逃さないようにしたいな。)
     と思いました。

    裏扉のいっこちゃんケーキのレシピが載っているのも
    おすすめです。

    掲載日:2014/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食育とお誕生日の意味

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    5歳のお誕生日をお祝いしてもらったいっこちゃん。
    嬉しくて嬉しくて、お父さんとお母さんに
    「毎日お誕生日がいいから、毎日お誕生日して!!」と、駄々をこねます。
    するとお母さんは
    「いっこちゃんが自分でケーキを作るなら、ろうそく立ててお祝いしてあげる」と。
    次の日から、いっこちゃんは幼稚園から帰ると
    自分でオリジナルのケーキを作りますが、
    毎日ケーキの上のろうそくの数が増えていって・・・?!

    次女がもうすぐ5歳になるので、姿を重ねながら読みました。
    自分でジャムをぬったり、バナナを飾って喜んでる姿なんかそっくりです。
    娘たちは“バナナホットケーキ・ケーキ”のネーミングに笑っていました。
    そして、いっこちゃんが毎日プレゼントを要求するところは
    さすがに「図々しい」と苦笑していました(^^)。

    それにしてもこのお母さんが素敵です。
    数日の間、娘の“お誕生日ごっこ”に
    きちんと付き合ってあげるなんて!
    その後のフォローも素敵でした。
    親子の愛を感じるお話で、ちょっとジーンときちゃいました。

    食育にもいいお話ではないかと思います。
    ただ、はちみつの容器をそのままなめているシーンなどは
    真似されたくないので少し気になりました。
    子供は味見、好きですけどね(^▽^;)☆

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒です

    うちの子も誕生日が来るたびに、この絵本の女の子と一緒な事を言っています。この絵本のお母さんは、子供に付き合って一緒に毎日誕生日を祝ってあげていました。うちの子はこの絵本を見て、「ママにもやってほしかったな〜」って寂しそうでした。私もやってあげればよかったかなって少し罪悪感・・・。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • まいりましたー!

    子どもにとって待ち遠しいのは誕生日、クリスマス、などごちそうやプレゼントです。
    季節はずれのクリスマスやハッピーバースデイの歌のハミングは
    うちの場合一年中です^^;
    だからこの絵本はまさにぴったりでした。
    自分で考えてケーキを作って「プレゼントは?」と毎日
    聞かれたら私なら参ってしまいそうですが
    このお話のようにあるもので出来ますね!と
    感心しました^o^

    掲載日:2012/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誕生日の意味

    親である私が、学ぶことの多い絵本でした。

    「まいにち 誕生日がしたい」なんて、子供に言われたらどうしましょう?
    私ならば、「何言ってるの!」の一言でおしまいにしてしまいます。

    でも、いっこちゃんのママは、お誕生日ごっこに毎日おつきあいします。
    ケーキも一緒に作って、プレゼントだってちゃんと用意しているのです。(偉い!!)
    そして、いっこちゃんに「うまれてきてくれて よかった」と伝えます。

    そのことが、一番大切なお誕生日の意味ですね。

    いっこちゃんを愛するママの気持ちがやさしい絵本でした。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • だれでもいちどは思うこと

    毎日誕生日だったらいいなぁ
    誰もがいちどは思いますよね。

    うちの娘も、4歳になった誕生日、次の誕生日のケーキやプレゼントの話してました。
    娘に『毎日誕生日したい』って言われたら、
    そうやったら良いのになぁ〜ってわたしだったらそれで終わり。
    でも、この絵本のお母さんは素敵。
    ケーキを自分でつくるという条件付で毎日誕生日をすることにしました。
    5歳の子でもできるように、お母さんもお手伝いしながら
    これならうちの子でもできるかもと思うようなケーキが出てきて、つくってみようかなと思いました。

    最後のおかあさんの言葉がまた素敵です。

    料理の手伝いをしたがるうちの娘にはドンピシャな絵本でした。

    掲載日:2011/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • いっこちゃんケーキ

    毎日誕生日がきたらいっこちゃんは直ぐに歳をとってしまって大変だと気づきまでお付き合いをしたおかあさんは偉いと思いました。いっこちゃんがお料理を作るのが大好きだから、いっこちゃんのお料理に期待した私がいました。「食パンケーキ」「バナナホットケーキ・ケーキ」「ほしぶどうケーキ」にとても興味を持ちました。最後にレシピがしっかり記載してあるのがよかったです。簡単そうだから、孫と一緒に作ってみたくなりました。

    掲載日:2011/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎日が誕生日だったら

    お誕生日って特別な日ですよね。
    バースディケーキを食べて、プレゼントをもらって。
    子どもたちは大喜び。
    きっと、毎日が誕生日だったらいいなって思っている子はいっぱいいるはず。
    このお話のいっこちゃんは「毎日お誕生日がいいの。お誕生日をして!」と繰り返し言いました。
    ここでお母さんがすごいのです。
    「いっこちゃんが自分でケーキをつくるなら、ろうそくをたてて、おいわいしてあげるよ」
    なかなかこんなセリフは言えません。
    誕生日の翌日は食パンでケーキをつくりました。
    ろうそくの数は6本。
    「昨日5歳だったいっこちゃんは、今日はもう6歳でしょ」
    その翌日はバナナホットケーキにろうそくを7本。その翌日は干しぶどうケーキ。もちろん、ろうそくは8本。
    ここでいっこちゃん、気がつきます。
    このままいくと9歳、10歳、・・・・100歳!!!
    やだ、やだ、やだ、やだー!!
    こうして毎日誕生日はおしまいになります。
    でもね、最後にお母さんが言うセリフが素敵です。
    ぜひ読んでみてください。
    私もこんなことが言える素敵なお母さんになりたいな。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんスゴイ

    「まいにちまいにちたんじょうび」って子供にとっては夢ですよね。
    うちの子供も沢山誕生日がきてほしいようです。
    この本のお母さんは「じゃー毎日誕生日にしよう」って子供とトコトン付き合ってるのがスゴイと思いました。
    毎日誕生日がきてほしい子供にはお勧めです。

    掲載日:2011/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • しっくりきませんでした

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    誕生日が近い娘二人に読んであげました。

    いっこちゃんは5歳の誕生日のあと
    「まいにちたんじょうびして!」とだだをこねます。
    5歳になるってことは年中さんですね。
    わが子と比較して考えるとこの駄々は年少(下の子)なみ。
    個人差はあるでしょうけど。

    毎日誕生日の条件が自分でお菓子作りをすること。
    ですから包丁や火を扱います。これは年少さんには
    若干早いと思うのでやはり設定は年中にせざるをえなかったのかも。
    これも個人的な考えですが・・・。

    読みながら余計なこと考えてしまいました。
    ということで、我が家にはしっくりこない絵本でした。

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット