しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ピンクのれいぞうこ」 みんなの声

ピンクのれいぞうこ 作・絵:ティム・イーガン
訳:まえざわ あきえ
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784893259240
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,088
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 久々キター!親子でヒット!

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    ピンクの冷蔵庫が教えてくれたのは
    「どんどんやってみよう」でした。

    長女が次女に読んであげて私には
    お風呂で内容を咳き込む様に話してくれました。
    冷蔵庫に何やらメッセージがあるらしいのですが・・・んー?
    とにかく面白いから読んでみてと言うのです。
    娘のこんな反応は初めてかもしれません。

    何も特別なことをせず毎日だらだらと生活している
    リサイクルショップのドズワースが
    処分場で見つけたピンクの冷蔵庫。
    地球の形をしたマグネットのしたにはメモが。
    そして中には道具がはいっています。
    冷蔵庫のおかげでトランペットを吹いてみたり
    箱庭を作ってみたり・・ドズワースは人生を楽しみ出します。
    そして次にワクワクして冷蔵庫の元へ行ったとき
    今度は「どんどんやってみよう」のメモ。そして冷蔵庫の中は空っぽ。
    ドズワースは考えて、そして旅にでました。

    娘は「面白かったけどひとつがっかりしたよ。冷蔵庫から
    何がでてくるか楽しみだったのに」と感想を聞かせてくれました。
    「ドズワースは旅にでて どんなことしてるだろうね」
    とだけコメントしました。

    私も娘たちには「どんどんやらせたい」と思うので
    この本のメッセージはとても気に入りました。

    掲載日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    5
  • 紙切れを凝視♪

    最近「ピンク」大好きな娘(2歳)がいるもので、ふと目にとまり読むことにした一冊です。
    (すごく安直な動機だわ・・・)

    のんびりまったりの生活、でも仕事もがんばってる。
    それはそれで素敵な生活をしているネズミのドズワースくん。
    でも新しい事にチャレンジするって素敵な事だよ、とピンクの冷蔵庫が教えてくれます。
    何だか、無趣味(仕事が趣味)な男性諸君に送りたくなるような絵本!

    5歳の息子は、冷蔵庫に貼られる新しい『チャレンジ課題』の紙きれを、
    ページをめくったそばから、顔を近づけて読み取ろうとしていました。
    空っぽの日には「ええ!!」と、普段読み聞かせていて上げないような声まで出していました。

    新しい世界へと旅に出る事に決めたドズワースに「すごいね。どこに行くのかな」と。
    やっぱり憧れていた海だよね〜♪と密かに思っていた母ですが、その後の息子の
    「・・・・公園かな」にちょっとずっこけさせられましたが(笑)

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    5
  • 自分で気付く大切さ

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    ピンクの冷蔵庫わりには
    派手さがなく、落ち着いた色使いだなぁ・・・
    と、図書室で気になって手に取りました
    じっくり読むためにお借りして

    これは、こどものために書かれたのでしょうか?
    こどもかな?
    こどもはもちろん
    マンネリ化した生活を送ってしまう
    大人にかな?
    かなり深いように思いました

    まず、びっくりしたのは、リサイクルショップ経営!?

    メモと、冷蔵庫の中味
    それに挑戦していくネズミのドズワースさん

    それと、絵には「海」
    本でも「海」・・・

    可もなく、不可もない生活から
    一転、刺激的?挑戦する気持ち
    そして、充実感を味わうという経験

    でも・・・

    終わり?ではなく
    自分で探すことに気付くという

    1番大切なこと=どんどんやってみよう

    ということそれがドズワースさんにとっては

    「ひろいせかいを見てきます」

    素晴らしい!
    冷蔵庫に挨拶してから出発するところも素敵です!

    掲載日:2011/02/01

    参考になりました
    感謝
    4
  • 小学校での読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子11歳、女の子8歳、女の子6歳

    小学校での読み聞かせ会に持参しました。
    対象は低学年。一年生が5.6人来てくれました。

    3月の今年度最後の読み聞かせ会で読みました。
    こちらで前ページ試し読みさせていただいて、
    進級前の子供たちにぴったりだな〜と思って選びました。
    当日、集まったのは、一年生ばかりだったので
    退屈せずに聞けるかなぁ…とちょっと不安。
    始めの方は、いつもより若干早口で、テンポを上げて読みました。
    ちょっとうろうろしかけていた子もいましたが
    「魔法の冷蔵庫やな〜!」とだんだんにお話に引き込まれて、
    最後には座って聞いていました。
    お話が面白かったということもありますが、
    入学当初なら聞けなかっただろうから、
    成長したんだなぁと嬉しく思いました。
    『どんどんやってみよう』心に残ったかな?

    所要時間、約8分。
    低学年でも楽しく聞けますが、
    高学年でも大丈夫だと思います。
    春にぴったりの絵本です。

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • なんでもやってみると楽しいんだよね

    『ピンクのれいぞうこ』というタイトルや、表紙の雰囲気からは
    想像できない素敵な物語でした。なんとなく、勝手にナンセンス絵本
    なのかな?と思っていたので。いや、どうやってもとれないはずの
    マグネットに毎日新しい紙がはさまっていたりすること自体、ナンセンス
    なのかもしれませんが・・。でも、私の受けた印象はナンセンスという
    より断然「素敵!」だったのです。きっと娘もそう思っているだろうと
    思います(娘もやりたがりなので)。
    そう、仕事とテレビだけ・・みたいな暮らしよりも、とにかくなんだって
    やってきた方がいいよね。見てるだけよりやってみる方が、人生は
    濃く深く豊かに楽しくなると思うのです。
    ああ、旅もしたくなっちゃうな。

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • 生活を豊かにするヒント

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    全頁立ち読みで読ませていただきました。

    ネズミのドズワーズ君は、仕事もそこそこで平凡な毎日を送っています。
    しかし、ある日突然現れたピンクの冷蔵庫の張り紙のとおりにしてみたら・・
    本を読んだり、絵を描いたり、演奏したり・・
    何か生活に張りができてくるのです。

    人生が楽しくなる・豊かにできるヒントって
    どこにでもあるんだなーと改めて思い知らされた気がします。
    子供たちにもですが、大人の私も新年ですし何か今年は新しいことをしてみようかなー
    という気持ちにさせてもらいました。





    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • 新しい世界にいっぽ踏み出す子どもたちへ

    小学校高学年のクラスで読みました。
    静かに落ち着いて聞いてくれました。
    捨てられていた冷蔵庫の中に様々なプレゼントが見つかるところでは、
    『え〜?スゴイ』とつぶやく声が聞こえることも。

    大人でもそうかもしれませんが、
    新しい世界に一歩を踏み込むエネルギーが不足しがちだと
    現状に流されてしまって、
    なんとなくの生活を続けてしまったり…。

    《新しいことにもどんどん挑戦してみよう》

    …作者のメッセージが伝わるといいなと思いながら読みました。
    子どもたちの未来には(もちろん大人にも!)
    限りない可能性があるのですよね。
    ドキドキとワクワクを持って、
    まだ知らぬ世界に羽ばたいてほしいというエールを
    この絵本が代弁してくれたでしょうか。

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • 新しい世界に

     思いがけないきっかけや、ちょっと背中をおされて、人生がかわってしまうことってあるんだなと思いました。いくつになっても、新しい世界に飛び出していくことはいいことだなと思います。
     ぼうっとしていることが大好きな主人公。不思議なピンクの冷蔵庫に出会って、いろいろなことをはじめます。主人公の気持ちが変わっていくのが伝わってきます。

     小さい子どもはもちろん、学生や大人が読んでも、気持ちが前向きになりそうなお話でした。

     三輪の自転車や、ショップの商品など雑貨も楽しめました。

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • 楽しくすごせるヒント

    子供より私にぴったりの絵本だと思いながら読みました。

    主人公のようにただなんとなく毎日が過ぎる毎日。
    のんびり、リサイクルショップをやる生活はとても素敵だけど、
    あっという間に時が過ぎてしまいそう。

    そんな中、ピンクの冷蔵庫が生きるヒントを与えてくれたようです。
    本を読んだり、絵を描いたり毎日少しずつ変化があり、
    最後には、「ひろい世界をみにいく」ことになった主人公がとても羨ましくなりました。広い世界でまた素敵なことに出会えるかもしれませんね。
     
    私も毎日、少しずつ変化のある生活を送りたいと思える素敵な絵本だと思いました。

    掲載日:2010/12/12

    参考になりました
    感謝
    2
  •  「まじめなフレッドおじさん」のイーガンさんの作品です。

     主人公のねずみのドズワースさん(フレッドおじさんの目とそっくり!)は、リサイクルショップ店を開いています。
     時間がある時には、ぼうっとしているのが好きで、朝早い仕事の後は、午前中はテレビ・昼食・昼寝・夕食そして店を閉め、またテレビ。
     テレビが好きなんだな〜、ん?アメリカの作品かな?と思い、ここで奥付を見て、イーガンさんはアメリカの方と確認。
     まさに、ドズワースさんはカウチポテト族です。

     そんなドズワースさんが、ガラクタ置き場で見つけたピンクの冷蔵庫。
     冷蔵庫を持ち帰ると思ったら、冷蔵庫にくっついている“地球の形をしたマグネット”のほうに手を伸ばしますが、外れません。
     そのマグネット”には、“絵をかこう”の紙片が挟んでありました。
     ???でしたが、そうか冷蔵庫ですものね。
     開いたら、絵の道具が入っていました。
     この絵の道具を売り物にと、喜び持ち帰るドズワースさん。

     ここから変わっていくドズワースさんの生活スタイル。
     ワクワクしながらドンドン読み進めました。

     読後、これは結構深いメッセージを大人にも向け発信しているように感じました。

     限られた情報をあてがわれ、行動まで操作されかねないものからの脱却を見事に果たしたドズワースさん。
     充実した豊かな時間の過ごし方ができることを祈ります。
     
     “地球の形をしたマグネット”がキーワードだったのかな?
     まずは七つの海へ、でしょうねぇ〜。

    掲載日:2010/11/28

    参考になりました
    感謝
    2

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット