なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

はじめてのおわかれ」 みんなの声

はじめてのおわかれ 作・絵:河原 まり子
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年05月
ISBN:9784333020119
評価スコア 3.8
評価ランキング 30,329
みんなの声 総数 4
「はじめてのおわかれ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大事な言葉

    死について初めて直面した時の
    悲しくて、でも伝えないといけない言葉が書かれていました。

    今まで一緒にいてくれて、
    楽しかったり悲しかったり、ペットと過ごしたいろんな思い出が
    成長させてくれているのだと思います。

    実際体験したら、ずっと泣いちゃいそうだけど、
    絵本からそれを学ぶのも大事なことだな〜と思いました。

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しい別れ

    生き物を飼うのは、いつか「死」と遭遇しなければならないから、なかなか飼えません。この主人公は、悲しみを乗り越えていく術を知ることが出来大きく成長したと思います。主人公がロンをどれだけ愛していたか、どれだけ大切に想っていたかが伝わってきます。失った時にどれだけ大切だったのか気づくことが往々にしてあるものです。ファンタジックの部分の絵がとても素敵です。お礼を言えてよかったです。ロンに天使の羽も(悲しいけれど)よかったです。

    掲載日:2008/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なもの

    大切な物は無くなってから出ないとなかなか気づきにくいという事を主人公から学びました。居なくなっても主人公が願いさえすれば会える事もとても素晴らしいと思いました。素敵な思い出は何年経っても色褪せない物なのだと思いました。柔らかい色と共に主人公の優しい心が心に響きました。主人公に接するお父さんも素敵でした。時には言葉よりもぎゅっと抱きしめてあげる事も沢山の言葉を語るものなのだということを主人公のお父さんから学びました。

    掲載日:2008/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「わかれ」の意味

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、男の子3歳、男の子1歳、男の子0歳

    誰もがペットを飼うと・・・避けられない「別れ」。かわいらしい色鉛筆のタッチで描く、男の子とロンの甘く切ないストーリー。男の子がロンを想う気持ち・・読んでてとても悲しみが伝わってきます。読みながら・・思わず泣いちゃいました。子供達は「死ぬ」ってどんな事なのか・・・この絵本を通じて少しはわかったかなぁ。「どうして遠くに言っちゃったの?」って不思議そうに言う子供達。「もう帰ってこないんだよね」って。言葉で教えるにはまだ難しくても、この絵本を通じて教えれたような気がします。

    掲載日:2007/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット