くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

こぎつね こんこん」 みんなの声

こぎつね こんこん 文・写真:今津 秀雄
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1990年11月
ISBN:9784033441306
評価スコア 4
評価ランキング 24,298
みんなの声 総数 1
「こぎつね こんこん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こぎつねがひとり立ちするまで

    写真絵本が大好きな娘に読みました。
    こぎつねの成長の様子を追った写真絵本です。

    今年生まれたこぎつねのこんこん。くりくりお目目でとーっても可愛いです。お母さんがこんこんに寄り添う姿も、微笑ましくて、娘も「お母さん、笑ってるね〜」と。ほんとそんな風に見えるんです。

    そんな可愛いこんこんも、いずれは一人で暮らす時の為に、たくさん遊びながら身のこなしを学んだり、獲物を捕まえる練習をしたり・・・。こんこんの幼かった顔つきにも少しずつ自然を生き抜くための厳しさが見えてきました。
    きっと、こんこんもお父さんやお母さんのような立派なキツネになるんでしょうね。少しずつ学んで成長していく様子は人間もキツネも一緒だなぁと思いました。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!


20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット