こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(33) さくらんぼ」 みんなの声

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(33) さくらんぼ 作:今江 祥智
絵:宇野 亜喜良
出版社:フェリシモ出版
本体価格:\1,286+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784894325227
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,794
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すごく面白い独特の世界

    昔、「あたまやま」と言う題の落語で聞いたお話とすごく似ているような気がします。
    同じなのかしらん。
    絵が、すごく面白い独特の世界を作っているように思います。
    話だけを聞いたのと、絵本だと、存在感が違ってくるようです。
    桜の木はずいぶん大きくなって、ふくろうとかもいますし、チェシャ猫やアリスなどものぞいていて面白い絵です。
    みなが、お花見に繰り出して、騒々しさに木を引っこ抜けば、そこは池になり、釣りだ、屋形船だと、これまた騒々しいことになり、結局、この池に身を投げることになりますが、なんだか、こういう話ありそうな気もします。

    掲載日:2016/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議!

    なんだか不思議な話でびっくりしてしまう私でした。「でけてしもたことは、しゃあないやないかいな。」と、暢気に私なら言えるか自信がありません。さくらんぼ狩に行った私ですが、よっさんのようにさくらんぼの種を食べなかったと思っていますが、気をつけたいと思いました。
    結末がとても身震いしてしまう結末なので笑ってもいられないし、絵も不気味な怖さもあって不思議でした!

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • とんでもないお話と不思議な絵

    食べたサクランボの種から桜の芽が出て、頭の上に育ってしまうというとんでもないお話です。
    上方落語というから、八っつあん熊さんのスピード感ではなくのったりとしているのですが、よっさんのとぼけた話が面白い。
    それにしても、頭に生えた桜の下で花見をするとか、桜を引っこ抜いたらそこに水が溜まって池になったとか、この話の発想についていくためのハードルの高いこと。
    最後には、自分の頭の池によっさんは飛び込んで死んでしまいます。
    上方落語の境地なのでしょうか。

    突拍子もないお話に、宇野亜喜良さんの絵も奔放です。
    視覚的にも不思議で羽目を外したきらびやかな世界。
    一見の価値ありです。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット