あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

あたまにかきのき」 みんなの声

あたまにかきのき 作:望月新三郎
絵:赤坂 三好
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\981+税
発行日:1988年09月
ISBN:9784577002681
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「あたまにかきのき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 幼いころの思い出

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    この絵本は、私が子どもの頃に確か保育園の先生に
    読んでいただいた絵本です。

    大体のお話は覚えていて、娘に素話で聞かせたことが
    ありましたが、池の魚の話のあたりから、すっかり
    忘れてしまい、気になっていたので、図書館に
    行きました。すると、この絵本と小沢正さんの『あたまにかきの木』
    のふたつがあり、どちらが思い出の絵本なのか表紙を見ただけでは
    思い出せなかったので、両方借りて見て読んだところ、こちらが
    思い出の絵本でした。

    日本むかしばなしに出てくるような、赤坂三好さんの絵で
    とても懐かしく感じられました。

    かきの木の実が、たわわに実っている表紙や中のページでは
    重そうですが、とっても美味しそうで、食べたくなりました。

    松谷みよ子さん監修で、方言で書かれているので、読み聞かせ
    をするときは、ベテランの方にお願いしたい作品だなあと
    思いました。

    娘も、最後まで内容が分かってスッキリしたようでした。
    下の子は、かきの種を食べたら木が生えるの?と
    とっても気になる様子でした。

    幼児から小学校低学年向けかな〜と思います。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット