ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

Counting Kisses」 みんなの声

Counting Kisses 作・絵:Karen Katz
出版社:Little Simon
本体価格:\0+税
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「Counting Kisses」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 3歳のクリスマスにピッタリ

    • ポピンズさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    クリスマス絵本が沢山ある中、邦訳が出ていないものも図書館で色々借りてくると、息子が「ママ、これ、チュッの絵本じゃない?」と真っ先に取り出しました。
    カッツ『おやすみのキッス』は日本語で持っていて、10までたくさんキスをするので喜んで読みます。
    この「Counting Christmas」はやはり1〜10まで色んなものを数えるのですが、内容が、ちょうど3歳になったばかりの息子にはぴったりでした。
    ツリーのライトを数えたり、プレゼントの数を数えたり、最近とてもお気に入りのクッキー型(ツリー型や天使など)で抜いたクッキーを数えたり、カラフルな模様の靴下、星などなど、とても子どもらしいクリスマスを、かわいらしいタッチで描いています。
    サンタさんも、ゆきだるまも、息子の好きな電車のレール遊びやラッパにドラム、総出演で、息子のイメージの限りのクリスマスの楽しさがしっかり味わえる絵本だと思いました。
    もちろん早い子は2歳でも十分楽しめると思います。
    カレン・カッツの幼児絵本は沢山出ているので、英語で挨拶の表現やハロウィンの仕掛けっぽいものも持っていますが、このCounting Christmasが一番気に入ったみたいです。
    「Counting Kisses」と息子でもシリーズで気づくくらいタッチも似ているので、姉妹本として早く邦訳が出たらな、と思います。

    掲載日:2010/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • Kiss Kiss Kiss☆

    娘が1歳半の時に図書館で借りました。
    完全な外国の絵本です。全部英語でした。
    絵がとにかくおしゃれ!飾っときたいです☆
    そして、かけがえのない赤ちゃんに
    家族みんなで「キスの嵐」。
    なんとも外国本らしくて素敵☆
    「愛してる」
    「愛されてる」
    を最初から最後まで、めいっぱい表現した絵本です。

    そして、興味深げに見ていた娘は、
    足にチュウする場面だけ、足をつきだしてきました…。
    (何故、そこだけっ?!)

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット