ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ビッグバンのてんじくネズミ」 みんなの声

ビッグバンのてんじくネズミ 作:石井 睦美
絵:長 新太
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1996年06月
ISBN:9784894231290
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「ビッグバンのてんじくネズミ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 哲学への入り口

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    「だれかに何かを言われることに、いちいち反応することはない」
    この言葉が胸にしみました。

    思春期の頃は特に、周りからどう思われているかきになるものです。
    その視線に押しつぶされそうになります。
    自分は自分なんて堂々と生きられたらどんなにいいか。

    裕一が出会ったおじいさんは、若い頃にビックバンから来たむなしさが、てんじくネズミの姿で現れて一緒に暮らした話をしてくれます。
    てんじくネズミはおじいさんの心の姿だったのではないでしょうか。

    むなしさに支配されたおじいさんが、自分と向き合うことで一歩前に踏み出したのでしょう。
    てんじくネズミのために食料など買いに行ったのは、外の世界へ出るきっかけだと思います。

    裕一とお姉さんがおじいさんの話を話し合い、お互いの意見で新たな考えが生まれるところが好きです。
    おじいさんがいなくなって、二人がもとの関係に戻るところも好きです。
    ベタベタするだけが仲良しではないのです。

    でも、きっと少しなにかが違っているのでしょう。
    そんな希望を感じる最後でした。

    高学年にも難しいかもしれませんが、数年たってまた読んだ時に自分の成長を感じられる本だと思います。

    掲載日:2010/09/21

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット