十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

満月のさじかげん」 みんなの声

満月のさじかげん 作・絵:樫崎 茜
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784062163521
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「満月のさじかげん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 色々な出来事が交りあって1つの本筋に

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    ネットで本の検索をしていて、面白い題名だな。と、心にかかり、図書館で探してきました。
    主人公は小学5年生の女の子「鳴」。
    いざ感想を書こうと思って、物語を思い出してみると、小さな1冊の本に、いろいろな出来事が書きこまれていたなと、ちょっとびっくりしました。
    でも、それがわざとらしくもなく、このくらいの子どもたちの日常に起こりそうなことで、しいて言うと、鳴のその日その日に起きた日記を読んでいるみたいな印象の内容でしたが、
    話が四方八方に飛んで区分けでなく、ちゃんと1本筋の通っているところがあったので、とても読みやすかったです。

    主人公は小5でしたが、鳴と同い年の下の子よりも、上の子の方が好きそうな話だったので、これも、上の子の朝読に薦めるつもりでします。

    私は個人的に事故で右腕を切断してしまったおじさん「赤羽さん」が好きです。彼は物語になかなかお素敵なスパイスを入れてくれています。
    あと、鳴のクラスメイト達がいい子ばかりで
    (現実の世界では、こんなことあまりないかもしれないけど、これは物語なので)、
    その辺も読んでいて、気持ちよく読めました。
    本の好きな子なら小学校高学年くらいから、中学、高校生にもお薦めです。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット