雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

江戸の迷路」 みんなの声

江戸の迷路 作・絵:伊藤 まさあき
出版社:汐文社
本体価格:\1,600+税
発行日:2010年03月
ISBN:9784811386522
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
「江戸の迷路」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 城下町の様子

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    江戸時代の町の様子を知りながら
    いろんなゲームをして楽しみます。
    庶民はどんな娯楽で楽しんでいたのか、
    江戸城下の中心が日本橋だった・・など
    歴史といっても今も昔も時代は続いているのだと
    難しく考えない歴史入門ができました。

    他の時代のこういった本があるといいな〜と
    子供と話していました。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 江戸の町は水路で発展していた。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    迷路やクイズで楽しく演出してくれていますが、この作品を読めば江戸時代の下町の様子がよくわかります。

    作者が簡単に描いてくれている江戸の町の上から見た地図を見ると、当時の町が水路(船を使った交通網)で発展していったことがよくわかります。(このことも本書に説明があります)
    そして、この当時の人たちはかなりの距離を結構平気で徒歩で行き来していたんですね〜。
    今の子どもたちに「目黒」から「亀戸」まで歩けるでしょうか?
    少なくともうちの子たちには無理そうです……(^^;)

    ゲーム感覚で楽しく学べる江戸の知識絵本。お薦めです。

    掲載日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大江戸バラエティパック

    これはなかなかいいですぞ。
    迷路あり、まちがい探しあり、すごろく、カード探し・・・等々。
    それだけで終わらず、解説のページも充実!

    うちの娘は7歳なので、解説には興味なしですが、迷路などの遊びには夢中です。
    小さいうちは、遊びや隅々まで楽しめる絵、歴史を勉強する頃には、解説も面白くなるでしょう。
    長く使えそうな一冊です!!

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット