だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

くまのプルプルのさんりんしゃ」 みんなの声

くまのプルプルのさんりんしゃ 作:リオネル・コクラン
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年08月
ISBN:9784893091796
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
「くまのプルプルのさんりんしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • えっ?ホントに?

    おおかみのグル3きょうだいはとってもいじわる。

    いつもくまのプルプルをいじめています。

    くまのおかあさんに叱られても全然なんとも感じません。

    その時点でちょっとこの絵本どうなってるの?と

    感じます。くまのおとうさん(マジシャン)が帰ってきてから

    その仕返し?というかお返しに

    3きょうだいを三輪車のタイヤに変えてしまいます。

    それもまたどうなの?と思いましたが、

    ちょっと全てにやりすぎ感を感じました。

    日本の絵本ではありえない展開。

    掲載日:2012/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3兄弟も可哀そうになりました

    くまのプルプルは、おおかみの3兄弟にいつも意地悪をされて虐められ

    ていました。3兄弟は、くまのプルプルを虐めることばかり考えていま

    す。プルプルがお昼寝をしていると、窓に小石をぶつけて邪魔をしたり

    さくらんぼの種をプルプルに飛ばしたりとしますが、本当はプルプルと

    一緒に遊びたかったんではと思いたいです。

    仕返しに、プルプルのパパに魔法の杖で三輪車の3つの車輪に変えられ

    てしまいましたが、魔法が解けたらきっとプルプルと仲良しになって、

    楽しく遊ぶ姿を想像したくなりました。

    3つの車輪で、でこぼこ道を走ったら痛そうで可哀そうになりました。

    お仕置きもいいかもしれないですが、もっといい方法がなかったのかな

    あと思いました。三輪車の車輪も2兄弟に壊されたのなら、仕方ないと

    思いますが・・・・・・・

    きっと後悔して反省させるつもりだと思いたいです。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット