十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

クローバーのくれたなかなおり」 みんなの声

クローバーのくれたなかなおり 作・絵:仁科 幸子
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年04月
ISBN:9784577026359
評価スコア 4
評価ランキング 18,553
みんなの声 総数 6
「クローバーのくれたなかなおり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 友達の大切さ

    • ぶ〜こさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子5歳、男の子1歳

    なかよしの白いねずみと黒いねずみがけんかをしてしまい、仲直りするまでのお話です。どちらもいじを張って謝れず、よつばのクローバーをさがしたら、相手をあやまらせることができることにしようと提案しますが、どちらもなかなか見つかりません。そんな時に猫がやってきて、ピンチになりますが、、、、お互いが相手が無事だったことを嬉しく思います。相手の存在がいかに大事だったかを。。。幼稚園児が読むのにちょうどいいのかな?と思いましたが、2歳の息子がお気に入りで毎晩読んでいます。絵もきれいでおすすめです。

    掲載日:2011/08/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲直りできてよかったね!

    お友達とケンカした。
    そんなとき、自分から謝るのって結構難しいですよね〜。
    自分が悪いんじゃない。
    なんで○○(相手)は謝らないんだろう…
    そんなふうに思っている2匹のねずみのケンカのお話です。

    実生活でもあるような展開で、
    どうやって2匹は仲直りできるんだろう?
    早く仲直りできるといいなあ〜
    とそんなふうに感じる絵本でした♪

    謝るきっかけ本当難しい。
    でも大好きだからケンカするんだよね!
    そんな絵本でした。

    挿絵もかわいいらしいので、女の子は好むのではないかと思いました。

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんな幸せがほしいんだね

    くろいネズミくんとしろいネズミさんが、必死によつばのクローバーを探します。口では「相手に先にあやまらせたい」と言っていますが、本当は早く仲直りしたかったんじゃないかな、とほほえましくなりました。
    けんかするほど仲がいい、というようなお話と、やさしいタッチの絵がぴったりあっていてほのぼのします。

    「よつばのクローバーを見つけて、どんな幸せがほしいんだね」というコオロギの言葉が心に残りました

    掲載日:2008/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良かったね!

    イラストのかわいさと、娘が四葉のクローバー好きということもあって、図書館で借りてみました。
    色合いもきれいで、とてもかわいらしい本でした。
    ただ、文章はわりと長いので、あまり小さいお子さんには向かないと思います。

    幸せの四葉のクローバーなのに、今日は「相手に謝らせるために」探すなんて・・・ちょっと淋しい気分ですね。
    でも、自然に相手を思いやり、自然に同時に謝ることができて、やっぱり四葉のクローバーは幸せなお守りなのかもしれません。

    私としては、二人が仲直りしたときに、二人で同時に見つけるのかなとラストを想像しましたが、最後まで見つかりません。
    見つからなくても、二人はハッピー♪ということを言いたかったのかもしれませんね。
    そして、クローバーの方も、摘まれずにハッピー♪だったのかな。

    掲載日:2006/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 四葉のクローバーは見つからなくても・・

    • 1姫2太郎ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子11歳、男の子9歳、男の子8ヶ月

    白いねずみと黒いねずみはあるとき小さなことで喧嘩をします。お互い意地を張って謝ろうとはしません。いつもなら一緒に、クローバーを摘みに行く季節。それなら〜「四葉のクローバーを先に見つけたほうが謝らなくていいことにしよう」と二人は張り切って原っぱを探します。お互いミツバチやコウロギにからかわれ、あげくに猫に遭遇。幸いなことに猫には気づかれずにすんだことを、互いがお互いを思いやってホッとしたときに、お互いのおなかがキュルキュル!顔を見合わせて笑います。そこで二人は、自然に素直に「ごめんね」と言えます。とうとう最後まで四葉のクローバーは見つかりませんでしたが、二人の帰り道は軽やかだったと言うことです。

    掲載日:2004/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素直に謝る気持ち

    • ぱおちゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子10歳、男の子8歳

     小さな事でけんかをしてしまった白いネズミと黒いネズミ。お互い自分からは謝ろうとしません。そんな中、先に四つ葉のクローバーを見つけた方が、謝らなくていい事にしようと決めました。二匹は必死に探しますが、なかなか見つかりません。そんな時に現れたのが・・・・・ 
     子供達は成長するにつれ、いろんな感情を持ち始めます。友達と仲良くしたくても、言葉が上手く出ずに誤解されてしまったり、でも、結局仲良くなりたいんですよね〜。素直に”ごめんね”と言う事も大事だと教えてくれる絵本です。

    掲載日:2004/03/10

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばああそび / どんどこ ももんちゃん / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット