もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

サカナカナ?」 みんなの声

サカナカナ? 作・絵:山村 浩二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2002年01月
評価スコア 3.86
評価ランキング 28,810
みんなの声 総数 13
「サカナカナ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 何になるカナ?

    サカナかな?サカナじゃないよカエルだよって絵描き歌のような展開で始まります。私から見ると見た目がちょっとグロくて好みじゃなかったのですが、息子はサカナからなんでバナナになるの?と単純に展開が面白いようです。バナナから赤ちゃんになっちゃうし、赤ちゃんからお花になっちゃう。そして最後はサカナに戻る話です。
    この何でもありのような展開が、想像力をかきたててくれるのかな?と不思議ながら読み聞かせしていました。

    その点では面白い絵本だと思います。赤ちゃんもおちんちんがついてる男の子なので親近感もわくので。子供は自分と同じ又は近い年齢の子供が登場する絵本を好みますしね。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魚から魚へ

    魚からかな〜っていう掛け声でバナナに変身しちゃうという展開が面白かったです。何個かいろんなものに変身して、最後は結局魚に戻ってきたのがうちの子には面白かったそうです。絵も独特なタッチでよかったです。

    掲載日:2012/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次は何に変身?

    上の子がはまった本なのですが、魚からいろんなのに変わっていくのがおもしろいみたいで、最初は何かな?とおとなしく聞いていたのですが、覚えてしまうと次は花だよとか教えてくれてはりきって答えています。
    頭の中でめまぐるしく創造が生まれてくるような一冊だと思いました、
    生きているのはみんな一緒と思わせるような絵でとってもよかったです

    掲載日:2008/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと不思議な本

    • 霧丸さん
    • 20代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子1歳

    魚、花、おなか、色々変身していく絵代わりが不思議な本です。少し、難しいというかわかりにくい変身ですが、
    なんとなくひきつけられるようで、息子は、真剣にページをめくります
    なんともいえない不思議な魅力をもつ絵です。

    掲載日:2007/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み方で反応が違います

    魚がバナナやお花に変化していく絵遊びの本。
    微妙に韻を踏んでたりするんですよね。

    目が大きくなったり、変化の仕方によってはコワイ感じもありますが、
    「サカナ・・・カ・・・ナ〜〜〜?」なんて具合に大げさに抑揚をつけて読んであげると喜んでいました。

    魚でスタートして、魚に戻るのは常套ですが、数が一匹から数匹に増えてるのが面白いですね。

    掲載日:2007/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい・・・とは思うけど

    ユーモラスな絵で、徐々に変化していくところがおもしろいです。
    色合いもきれいです。
    1歳半の息子に読んでみましたが、イマイチ反応はありません。3歳の友達の子に読むと、「こわーい」と不評。
    対象年齢は012歳ですが、楽しめるのはもう少し大きくなってからなのかなーと思いました。

    掲載日:2007/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発想が面白い!!

    魚だと思っていたら、なんとバナナに変身!バナナと思っていたら・・・・次々と形を変えていく絵に娘と一緒に「あれれぇ〜??」。全然似ても似つかないものに姿が変わっていくという、この発想が面白い!子どもと一緒に楽しめる一冊です!

    掲載日:2007/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 変化していく絵が、おもしろい!

     さかなかな?ばななかな?おはなかな?おなかかな?・・・
     どんどん絵が変化していって、動画のように楽しめる絵本です。

    掲載日:2006/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がかなり特殊な感じですがクセになる

    水彩画のような独特のくすんだ色使いとぼかした線、すこしリアルのはいったちょいグロ系の絵!最初見たときは「ええっ?0.1.2絵本の中でも異端では?」と思ったのですが読んでいるうちに癖になるんです!「サカナカナ〜?バナナカナ〜?オナカカナ〜?オハナカナ〜?」と読んでいるうちに、とぼけた読み上げが快感になってきます。麻薬のような絵本。言葉遊びにもどうぞ。

    掲載日:2006/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魚が・・

    さかなの絵があって、サカナカナ?と見ていると、魚からバナナに変身。バナナカナ?と見ていると、赤ちゃんに変身。絵がどんどん変わっていき、最後にはもう一度魚にもどります。絵がとっても印象的でインパクトがありました。
    娘は魚からバナナにかわるところが一番好きでした。

    掲載日:2004/07/12

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(3.86)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット