キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ナミチカのきのこがり」 みんなの声

ナミチカのきのこがり 作・絵:降矢 なな
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年09月
ISBN:9784494025572
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,473
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 愛しいきのこ

    • maru34さん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子8歳、女の子7歳、男の子4歳

    大好きな降矢さんの新作!
    ページをめくる瞬間がとても楽しみでした。

    子どもたちは、きのこたちの登場に
    大喜び!本当にどの子も愛らしいです。
    不思議な世界から一変、
    現実に戻ったときのナミチカの不安や
    ぎゅっとしてもらえる安心感がすごく伝わって、
    子どものときに感じた記憶をふと思い出しました。

    三人の子どもたちも最後の裏表紙に大興奮!
    また読み返して、その瞬間を見つけてまた大喜び(笑)
    スロヴァキアの森に足を踏み入れたような気持ちになる一冊です。

    掲載日:2011/03/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 「めっきら」の外国版!?

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    降矢さんの新作だ!!
    「ナミチカ」って、日本らしくないけど、名前???
    スロヴァキア在住だからかな?
    おじいちゃんもいとこのアンドレも外人風
    おじいちゃんの赤いチェックのお洋服もお洒落だし

    きのこについての初心者向け説明もあり(^^ゞ

    予想通り、赤いきのこに囲まれた時点で
    始まりますよ〜

    楽しそうだなぁ〜

    一緒に空想の世界に、自然に入って行けちゃう
    降矢さんの作品には、魔法がかけられているようです

    ほしいなぁ〜(^^ゞ

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 作者の 降矢ななさんがスロバキアで体験した事を元に この絵本ができたのだそうです
    ナミチカは おじいさんと一緒に山へきのこ狩りに行きました
    おじいさんは 食べられるきのこと食べられないきのこなど いろいろ知っています(さすが おじいさんはすごい!)
    木の下にいっぱい生えているきのこや サルノコシカケなどいろいろ学べます
    ナミチカはヤマドリタケモドキを探しに森の中に入ってしまいます・・・・

    そこで であった赤いきのこたち  みんなで軽やかなリズムで歌っているのに出くわすのです

    不思議な体験にナミチカの目は輝き  きのこたちと鬼ごっこまでするのです  楽しそうに

    そしておおきな ボールキノコの上で飛び跳ねて遊んでいて
    何が起こったと思いますか?

    「ボンッ!」と大きな音で爆発したのですそれはふしぎな不思議なことでした
    この音で 赤いきのこたちの姿が見えず  ナミチカはひとりぽっちで不安になるのです 「お・じ・い・ちゃーーーーーん」 不思議な体験は楽しかったのに 一気に不安の中    
    おじいちゃんが探しに来てくれて お家に帰るのですが
    この体験は ナミチカだけの不思議な体験ですね
    ラストの ナミチカのかごの中をみて ふふふ・・・・笑顔になりました

    掲載日:2017/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい世界とおじいちゃんの愛

    • ひっきさん。さん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子15歳、女の子8歳、女の子7歳

    優しいタッチの絵に引き込まれ読み進めていくと
    とても楽しい世界が・・・

    小学校1年生のクラスで読み聞かせした時は「わぁ!いいなぁ」という歓声もあがりました。

    また、おじいちゃんがナミチカを思う気持ちが絵からも伝わり、愛されているという暖かさを感じることができました。

    秋によみきかせしたいNo.1の本です。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親目線では。。。

    6歳幼稚園年長さんの娘と一緒に読んでみました。
    10月に読んだのですが,「きのこ」の絵本なのでまさに秋にぴったりでした!
    お話の内容はおじいちゃんと一緒にきのこがりの出かけたナミチカの出来事です。
    前半はいくつかのきのこの種類が描かれていたりと知識になりました。
    後半は不思議な出来事が!
    その出来事はなかなか面白く楽しいものだったのですが,親目線ではおじいちゃんから離れ一人になってしまっているナミチカを心配に思ってしまいました。
    くれぐれも山の中では大人のそばから離れないように!

    掲載日:2016/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋にぴったり

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    「めっきらもっきらどおんどん」のように、不思議な世界に足を踏み入れた子どものお話。おじいちゃんたちときのこを採りにきていたナミチカは、いつもまにかキノコたちと鬼ごっこをすることに・・・。きのこたちがかわいらしいようなちょっぴり不気味なような顔で魅力的です。最後は元の世界に戻るのですが、おじいちゃんを呼ぶナミチカの不安ンがよく伝わってきて、おじいちゃんに会えたときには一安心。ほっとして終わるのもよいですね。きのこ料理が食べたくなりました。どこかわからないけれど、外国の雰囲気が感じられるのもいいですね。

    掲載日:2016/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰の本?へぇぇ

    最初表紙を見て
    外国の絵本だと思いました。
    作者を見て、降矢ななさんと知り、びっくり。
    そういえば降矢さんの絵かな・・。
    でもなんだかいつもみていたのとタッチが違うような気もしたり・・と思いながら読むと・・・
    チェコの森を題材にしていたのですね。
    それで違う感じがしたのかな・・・。

    読み始めてすぐ
    今度は娘と、ナミチカが男か女かでもめました。
    だって私は「ナミチカ」は男名前だと思ったのです。
    でも娘は絵の様子、お話の流れから女の子だと・・・。
    10ページほどよんで、「わたし」という表現で
    女と確定・・。
    自分の読解力のなさに唖然としました。
    さすが「絵本を聞くプロ」の娘・・。

    お話は、秋の山でのきのことりのお話で
    ファンタジー要素も含まれています。

    よみ終えると、少しおなかがすきます(*^_^*)

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 東欧の森

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    『めっきらもっきらどおんどおん』の東欧バージョンのようなお話です。

    森でキノコ狩りをしていると、おじいさんや従兄弟とはぐれてしまい・・・、不思議な不思議な体験をしてしまいます。色々なキノコが登場してそれもまた楽しいです。

    子どもの冒険心、その一方の不安感が優しく描かれています。最後の安心の終わり方もいいですね。

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森の不思議

    秋を感じられる絵本だったと思います。
    きのこ狩りに行くには、毒キノコもあって見分けることが難しいですよね。
    そんな場面では、おじいさんの知恵が「さすが!」と思いました。
    キノコ達と不思議な体験をするのですが、おじいさんはとても心配したことでしょう。
    森の中が、楽しいだけの場所ではなく、危険や不安な場所でもありということが、ナミチカのあせっている様子から伝わってきます。

    掲載日:2013/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋が待ち遠しい

    主人公の女の子の名前が次女の名前と似ているので、娘はナミチカを自分のことのように思っています。なので娘にとっても私にとっても特別な絵本となりました。
    おじいちゃんと、いとこのアンドレと一緒にはじめてのキノコ狩りに出かけたナミチカ。自分の帽子と同じ赤いキノコを見つけて追いかけて行くと、不思議な世界に迷い込みます。
    森の様子が素敵なので、読むと必ずキノコ狩りに出かけたくなります。でもきのこって毒キノコがあったりと難しそうなので、きのこに詳しいおじいちゃんのいるナミチカがとてもうらやましいのです。
    ラストシーンでおばあちゃんが作ってくれるきのこのクリームスープのおいしそうなこと。秋の季節がとても待ち遠しくなる絵本です。

    掲載日:2013/09/04

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!


頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット