だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ふしぎなボタン」 みんなの声

ふしぎなボタン 文:ミルヤ・オルヴォラ
絵:サッラ・サヴォライネン
訳:稲垣 美晴
出版社:猫の言葉社
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年09月10日
ISBN:9784904196052
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • さらに良い仕事をするための修行

     サイズも形も風変わりな作品なので手に取りました。
     作・絵共々フィンランドの方の作品です。

     あまり人気のない村でボタン職人をしている主人公ペトルス。
     粘土でもくもくとボタン作り励む彼は、素敵な古いボタンを持っています。
     村の子どもたちは、このふしぎなボタンにまつわる話が聞きたくて、よくやってきます。

     それは、100年ほど前にいたプアンという名の貧しいボタン職人のお話。
     体が弱いプアンを家族は労わり協力し、プアンはどのボタンにも渾身の思いを込めこだわりを持ち、魂を傾け仕事をしていました。
     効率の悪い仕事ぶりに、周囲の村人は嘲笑し彼の仕事を軽視していましたが、ある日この小さな村へ王様が直々おいでになり、馬車の御者がボタンを一つ拾いそれを目にした王様は・・・。

     結構長いお話です。
     しかし、読み応えがありました。
     中高学年ならば満足する内容だと思います。
     息子も、職人のプロフェショナブルな姿勢に感銘を受けたようです。

     エンディングは、日本のお話の流れになれている私には意外でしたが、そえはそれでお国柄が出ている作品と納得。

     最後の、“名人にとって 仕事はどれも さらに良い仕事をするための 修行だ”という一文が心に残りました。

     大人の方も考えさせられるお話だと思います。

    掲載日:2010/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット