貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

もりのさんぽうた」 みんなの声

もりのさんぽうた 作:松居スーザン
絵:佐藤 国男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1993年
評価スコア 4
評価ランキング 24,363
みんなの声 総数 1
「もりのさんぽうた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 詩に曲をつけて歌えるようにしてあります。

    絵も版画みたいですが、ろうけつ染めのような魅力があります。

    6編から構成されていますが、物語が続いているように思いました。

    「どっかいこうか」は、陽気に。「むしのうた」は、明るく。

    「びっくりうた」は、疑り深く。「あきかぜ」は、子守唄のように。

    「もりのぎょうれつ」は、愉快に。「くものうた」は、流れるように。

    と、書いてあるのも親切だと思いました。

    私は、子守唄のように歌う、「あきかぜ」が、特に好きです。

    今の季節にもピッタリしているし、孫にはゆっくり休んでほしいと思い

    ます。私に子守唄では、なかなか寝てくれませんが、それでも歌って

    しまう私です。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット