十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おばあちゃんがいなくなっても…」 みんなの声

おばあちゃんがいなくなっても… 作:ルーシー・シャーレンベルク
絵:フェレーナ・バルハウス
訳:ささき たづこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年09月
ISBN:9784251098467
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,239
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たんぽぽ色の風船

    おばあちゃんはたんぽぽの花が大好きです。

    そしてたんぽぽの花のように笑う孫のリリーの事が大好きです。

    そんな二人に別れが… 
    おばあちゃんが病気で具合がわるくなり…

    リリーは元気になってもらいたくてたんぽぽ色のおおきな風船を用意しました。
    こんなこと、大人には出来ない発想ですよね。 子供ならではの考えで感心しました。

    その後、おばあちゃんが亡くなり、沈んでいるリリーを元気にさせたのは誰だと思いますか?

    親、兄弟ではなく、たんぽぽです。

    少し時間が経ってしまいましたがやっとおばあちゃんが言っていたことがわかってきたようです。

    穏やかで優しい本ですがおばあちゃんが一人しかいない子供はあまり読みたがらなかったです。 
    重ねてしまうんでしょうね…。

    でも、とても前向きな気持ちになれる本です。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • たんぽぽ

    いつかはお別れをする日がくると思うと寂しくなりますが、リリーのおばあちゃんのように、「たんぽぽ」の花のような心の中に残る思い出が孫の中につくれたらいいだろうなあって思いました。リリーの中で、元気になっていってくれたのがおばあちゃんは一番嬉しく思っているのだから、少し時間はかかりましたが、思い出のたんぱぱが咲いたことで元気を取り戻せておばあちゃんは幸せだったと思いました。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / かいじゅうたちのいるところ / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット