ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??

宮沢賢治の絵本 気のいい火山弾」 みんなの声

宮沢賢治の絵本 気のいい火山弾 作:宮沢 賢治
絵:田中 清代
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784895881234
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,002
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 火山弾たちの表情がいい!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    田中清代さんの描かれた“火山弾”良かったです。
    模様とか、それぞれの火山弾に描きこまれたイメージの目とか口とか…。
    すごくさりげなくて、それでいてしっかりと表情がつかめていて、それぞれの火山たちの個性が見えて面白いな〜と、思いました。

    宮沢賢治はこの作品の最後に「ベコ」と呼ばれ、バカにされ続けてて立火山弾に
    「私どもは実は、自分でできることをしなければなりません」と言わせています。
    他の宮沢作品でも、似た方はセリフが時々出てきますよね?
    これは宮沢賢治が常日頃思っている“生き方”なのかな〜と、感じました。

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • このベゴ石みたいな性格の人って、昔の典型的な日本人のような気がします。周りからなんと言われようと、さらっと流せるスルー力、今の時代、その力がまた必要になっているのではないでしょうか。

    他の石がベゴをからかいはじめた理由が、暇だったから。そして、ちょっとみんなと違う形をしているからと。なんだか耳が痛いですよね。これ完全にいじめの構造です。

    賢治がその作品に込めた社会に対する思いがとても伝わってきた作品でした。そして、田中清代さんが描くベコ石の表情が、宮沢賢治としてよく見かける写真の表情と似ているように感じるのは私だけでしょうか?

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 運命

    火山弾ってなんだろうと思いましたが、火山から噴出した溶岩が固まったものらしいです。レモンみたいな形。これが本文に出てくるベゴ。
    火山の、、と思うと激しい気質なのかと思ったら、ベゴは心優しいおだやかな性格のようです。ずっと何年も何年も同じ場所に生き続けていて、それが、学者がやってきたことで変化します。どんな場所にいきるのであっても、やはり運命というか宿命のようなものがあって、そこに不満をもつのではなく、うけいれる、ということの大切さを知ったような気がしました。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自然体がいい 受賞レビュー

    妙に存在感がある火山弾だと思ったら、「トマトさん」の田中絹代さんの絵。
    自分の思いを持ちつつ、自然の流れに身をゆだねている火山弾の姿に、自分もこうありたいと感じます。
    手に取った子供たちも、静かに楽しそうに読んでいました。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ベゴ石の表情に注目

    「ベゴ石」と呼ばれている、たちの良い黒い石が主人公。
    いっぺんも怒らないので、周りの石や蚊やにまでからかわれて・・・
    でも、この「ベゴ石」の表情を見ていると、なぜか怒りの気持ちなんて
    沸いてこないんですよね。そして、ベゴ石の発言は実に穏やかで、とても
    心の広い感じを受けました。

    そんなベゴ石だからか、からかわれている場面でも、楽しい雰囲気で
    読み進めることが出来ました。とにかく、このベゴ石の表情が良いですね。
    全体を通してみても、ストーリーと絵がとてもマッチしていて素晴らしく、
    自然に絵本の世界へ入っていくことが出来ました。

    ずっと目を閉じていたベゴ石でしたが、この絵本で唯一、うっすらと
    目を開ける場面があります。見開き2ページに描かれたその場面に、
    思わず見入ってしまいました。

    「私共は、みんな、自分でできることをしなければなりません。」

    自分に置かれた境遇を、ただただひっそりと受け入れ続けたベゴ石。
    別れの言葉の中で、からかわれ続けたその場所を「明るい楽しいところ」
    と表現していたのにはドキッとしました。もしかしたら本当は、その場所に
    ずっといた方が良かったのかも?たとえずっとからかわれ続けたとしても?
    そう考えると複雑な心境になりました。

    これは、きっとベゴ石にとって、ハッピーエンドなんだと思いたい。
    きっと連れて行かれた先でも新たな出会いがあるはずだから。

    久しぶりに息子に読み聞かせながら読んだのですが、ところどころ、
    からかいのシーンや、苔がむしり取られる場面で笑ったりしながら
    聞いていました。

    実は最初、「え〜、宮沢賢治の本?」と言っていた息子でしたが、
    読み終えてみると、「他の本はないの?」とどうやら宮沢賢治の世界に
    引き込まれ始めたようです。
    私自身も宮沢賢治の作品をじっくり読んだのは初めてでしたので、
    とても新鮮な感覚でした。
    これを機に、いろんな作品を読んでみたいと思います。

    掲載日:2012/04/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵もいいです

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子9歳、女の子6歳

    田中清代さんのサイン入りということで、全く知らない宮沢賢治の話でしたが、購入した私の感想です。

    まず、火山弾が何か?なんであんな形なのか?というところからでしたが、話を読んでいくうちに自然に分かってきます。
    他の石や植物などにどんなにからかわれても、素知らぬ顔で穏やかに切り返していくベコ石(火山弾)に徐々に感情移入しながら読んでいきました。そんなベコ石はとても賢く見えます。

    最後は、ベコ石にとって一番ベストなのかどうかはそれぞれが考えるところだと思います。(トイストーリー2のようなテーマです)
    でも、人間側から考えたら最高の扱いなんではないでしょうか?
    そういう意味で
    「火山弾、よかったねえ。」
    と、うちの子供たちは安心して喜んでいました。

    小学生の低学年には文章が長めで、少々言い回しが難しいのですが、読み聞かせてあげれば絵に助けられてなんとか1年生も理解できるくらいです。
    そして何より、田中さんの絵がいいです。
    表紙のインパクトもさることながら、どのページも印象に残ります。
    ベコ石の上に生えた苔がとてもにくたらしく見えたほどです。

    ミキハウスの宮沢賢治絵本のシリーズはあの有名な「注文の多い料理店」も以前買いましたが、これもすごく良かったです。
    内容に絵がマッチしすぎて子供が怖がって読ませてくれませんが・・・。
    このシリーズはこれから子供が大きくなるのに合わせて読んでいこうと思います。また、おすすめでもあります。
    私は文学に全く心得がありませんが、宮沢賢治のお話を好きになりそうです。

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • いつも おだやか

     ひとりのターゲットを決めたら、大勢でかかっていく。ターゲットがおとなしいと、からかいはどんどんエスカレートしていく。いじめの構造は昔から同じなんですね。
     標本として、大事にされるベコ石は、幸せなのかなと思いました。でもベコ石は「できることをやるだけ」と、標本箱はいっているんでしょうね。
     本を読み終えたあと、また表紙のベコ石をみると、しみじみします。

     パワーストーンにはまっている子どもは、ベコ石みたいな石を見つけたいなと言っていました

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵本のおかげ

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子17歳、女の子12歳

    1回読んで思い出したのは、小さい頃、私の父が富士山麓のどこかから溶岩の塊を拾ってきたことでした。溶岩の窪みに松が芽吹いているのを、盆栽仕立てにすると言っていたように思います。

    お話の一節のように「千年たっても〜、万年たっても〜」その場所から移動できないはずの石でも、もし人間が興味もったら、どこかに運んで行ってしまう。
    石が主人公でお話が進んでいくという点が面白く感じました。
    ただ文章だけを読んでも、すぐに面白さを感じたかどうかわかりません。
    やはり絵本になっていたのでわかりやすかったです。

    掲載日:2014/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • よく耐えてるね

    ある死火山のすそ野に、稜(かど)のあるたくさんの石どもがいました。その中に、他の石に『ベゴ』と名付けられた、卵のような形をした石がありました。稜がないため馬鹿にされる毎日でした。また、その言葉が、ひとつひとつ心につき刺さるのです。でも、その石はいつも穏やかに笑っているだけ。おいおいそこまで言うか、くらいの罵詈雑言です。それが、石だけにとどまらず、蚊やコケにまで・・・
    読んでいて辛い気持ちになりましたが、ひとりだけ形が違うその訳も分かったところで、新しい役目が訪れたのです。これは、望んでいたのでしょうか。コケたちは、彼が残してくれた歌を歌ってくれるのでしょうか。石たちの表情まで、見事に表しています。題名といい、作者の目の付け所が、なかなか風変わりで、じっくり時間をかけて、繰り返し読んでみたいと思いました。読むたびに、視野が広がりそうな気がします。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悟り

    まわりに何を言われようとも、感情的にならず、穏やかにかわしてみせるベゴ石。

    みんなの嘲笑とは裏腹に、人間に価値を見出されたベゴ石。
    でも、それもまた、石としては不本意な話。

    まわりで何が起きようとも、心穏やかに、じぶんの運命を受入れる。
    こういうのを“悟り”というのだろうなって思いました。

    凄いことだけど、運命にさからって、ジタバタするくらいの方が人間らしくて、私は好きです…。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / キャベツくん / なにをたべてきたの? / ななちゃんのおかたづけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本のなかのくろくまくんといっしょにトイレトレーニング♪

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット