だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

宮沢賢治の絵本 山男の四月」 みんなの声

宮沢賢治の絵本 山男の四月 作:宮沢 賢治
絵:飯野 和好
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784895881227
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,506
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 飯野さんが描いてくれた賢治の世界を堪能!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    なんだかとっても不思議な話でしたが、飯野さんの描きだしてくれた宮沢賢治の世界がとても面白くて、読んでいるうちにドンドン吸い込まれてしまいました。
    他の作品にはないようなちょっと攻撃的なイメージの話でした。

    宮沢賢治をよく読む友人に「こんな絵本が出てたよ」と見せると、
    飯野さんの描かれた「“支那人”がすごく(イメージしていた)雰囲気だった」と驚いていました。

    今“支那”という言葉が、一発で漢字変換しませんでした。本の中に表記されているので私も使用していますが、これって、現代の日本語としては、差別用語に当たり、本来は削除される差別用語ですよね。
    当時の宮沢賢治はこの言葉を特に意識しないで使っていたんでしょう。平和や愛を意識した彼の作品には、意外と珍しいことのような気がしましたが、当時の日本全体が、大陸の人々を低く見るのがごく自然なことだったのかもしれません。
    この絵本を出版するとき、この言葉について問題はなかったのでしょうか?
    原文の大切さを考えると変に変えたくないし、こういうのって、難しい問題ですよね……。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 宮沢さん

    宮沢さんの作品だったのでこの絵本を選びました。飯野さんの絵が文章とぴったりとマッチしているのが良いと思いました。主人公のがとても人間味あふれる感情豊かな表情が気に入りました。どのページも迫力満点で細かな描写も書き込まれていて見応えがありました。不思議な気分を体験できる絵本です。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵があまりにも印象的

    山男が、山で兎をねらっていたのですが、結局つかまえることができたのは山鳥でした。
    表紙を見て、思わずにやり…
    ページをめくって、こりゃまた、飯野氏の世界。ごろりと寝ころんだ山男の視点が、実に面白いと思いました。
    そして、なんとまあ不思議なお話で、どうなっているのかわけがわからず、たどり着いた結末に、再びにやり…でした。

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宮沢賢治の作品ですが、今回この絵本を通して初めて読みました。

    春の山で仰向けになっていたはずの山男が、次のページで町にいたのでビックリしましたが、最後まで読めばその理由が分かりました。

    そして一番ビックリしたのが突如現れた支那人のアップ!あまりのインパクトの大きさに私も息子もギョッ!としました。
    尖った爪の様子とか、とにかく怪しさ満点で、飯野さんの挿絵がこの作品の雰囲気にピッタリ合っていると思いました。

    今は支那という言い方もしませんが、そこは賢治の作品ですので、色々補足説明しながら息子に読み聞かせしました。

    そして、まさかまさかの六神丸!
    しかも、行李の中には顔のある六神丸が一杯!
    あまりの奇想天外な話に息子は「怖い〜」と言いつつも、面白そうに読んでいました。
    「注文の多い料理店」も気に入った息子にとって、こういう面白怖い話がツボのようでした。

    最後までハラハラドキドキの奇想天外なお話ではありますが、自分をヒドイ目にあわせた支那人にも同情を寄せる山男の優しい心が描かれ、賢治らしい作品の一部も見ることが出来ました。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢で良かった〜

    山男が、町でとてもインパクトのある支那人に勧められた薬を飲んだとたん、六神丸という箱になってしまうというなんとも奇妙で摩訶不思議なお話。ハラハラドキドキとしましたが、春のうららかな陽気にさそわれて、うたた寝をしてしまった夢だったのですね。一見怖そうだけど、どこか憎めない山男のことが心配でしたが、夢で安心しました。
    山男に、うさんくさい支那人の絵が迫力があってとてもお話によく合っていました。風景や空の絵は優しい雰囲気の色使いですごく素敵です。
    飯野和好さんの絵がお話をより分かりやすく表現していると思うので、比較的小さな子供でも楽しめる作品だと思います。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢の中では…

    読んでいて、おもしろくなってきた!と思ったところで、終わっちゃいました…

    今までの宮沢賢治の作品に比べると、 案外あっけない終わり方でしたね。

    でもいつも冴えない山男が悪者退治をしてヒーローになる、という結末を期待していたので、最後まで見てみたかったです。

    ピンチの山男はどうなるのか?
    みんなを助ける事ができたのか?

    山男は日頃から、色んな事を考えていましたよね。
    もしかしたらヒーロー願望があったのかしら?
    だってとても情に厚く、心優しい一面があったから…

    それに夢から覚めた山男は、なんだか少し残念そうに見えました。

    山男って、実はすごくロマンチストなんじゃないかな。
    見た目も慣れると、なんだか可愛らしく見えてきました。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界 受賞レビュー

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    衝撃的な山男の絵に引き込まれました。
    何とも不思議でミステリアスな展開に
    4歳の弟も真剣に聞いていました。
    想像できないお話が展開されるというわくわく感がたまりません。

    最後のオチは
    子供たちは安心したようです。
    「そういうことならわかるよ〜〜」と言っていました。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い夢物語

    レビュー企画だったので、3歳3ヶ月の息子に図書館で借りて読みました。
    まだ、ちょっと早いだろうなあという気はしたのですが。

    インパクトのある絵です。
    息子は山男の顔が気に入ったよう。
    変身したのもわかったみたい。
    不思議でこのびっくりするような話を、息子がどれくらい理解できたかは
    わからなかったです。
    が、結構気に入ったようで、それなりに聞いていました。

    けれども、今現在だと気になってしまうのは「支那人」の描き方。
    「さあ、呑むよろし」みたいな助詞のない話言葉にしていて、
    今の時代だと差別的表現となってしまいます。
    まあ、当時の時代背景から考えると、普通のことでしょうが。
    ただ、息子にはそのことも全部ひっくるめて伝えたいと思いました。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春のうたたね

    薬を飲んで物に変わってしまうと言う話を以前どこかで目にしたか耳にしたことがあるのですが、賢治の話だと知って改めて驚きました。

    全てがうたたねの中で見た夢の中の話ですが、前後の脈絡が全くないところがとても不思議で、逆にその意外性が面白かったです。

    一体、賢治の頭の中ってどんなだったのでしょうね。この山男が感じたように頭が軽くなる感じで、空想の世界にすぐにふっと飛べてしまえたのでしょうか。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクト

    絵のインパクトがすごくて驚きました。賢治の世界といえば、幻想的なイメージがありますが、このように力強い感じの絵でも合うのだなとおもいました。この絵のおかげで?お話の中にもどんどん吸い込まれていきます。題名から考えてどんなお話なんだろうとおもっていましたが、読んでいるうちに納得というか分かりました。賢治の世界の広さに驚きました。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット