だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

わんわん」 みんなの声

わんわん 作・絵:平山 和子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2001年04月01日
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,448
みんなの声 総数 8
「わんわん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 赤ちゃんの身近な物とかがたくさん登場

    犬のぬいぐるみが赤ちゃんがよく目にする様々な雑貨とお話しています。
    ボール、お花、コップ、積み木、クローバーと蟻、時計、いちご・・・
    お母さんが子どもに話しかけるようにわんわんが話しかけます。
    子どもも聞いていて心地よい展開になっています。
    若干古い分、最後にお手玉が登場するけどこれわかるかな?
    うちにはおままごとの具としてあるので教えられたけど。

    赤ちゃんから2歳近くまでは読めるので、長く読み聞かせができます。
    性別を選ばないので、お気に入りのぬいぐるみを使って同じような事をしたりして楽しみました。

    掲載日:2015/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良いです。

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    娘が0歳の時に読んだ本です。とても可愛らしいおもちゃの犬に語りかけるお話。口調が優しく、内容も易しいので赤ちゃんの時に良く読みました。そして今では2歳に成長した娘。今度は娘がたまに読んではおねえちゃんのような口調で犬にお話してあげてます。

    掲載日:2011/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが平山和子さん!!

    • ゆったり♪さん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 男の子6歳、男の子1歳

    挿絵が最高に素敵です。
    「くだもの」「おにぎり」など、食べ物の絵本でおなじみですが、この絵本のおもちゃのわんわんちゃんもなかなか魅力的。それでもやっぱり、イチゴのページが一番素敵ですね。

    いろんなものと出会っていく、それだけなんですが、わが子にもこんな風にいろんなものと出会っていき、その出会いを感謝するような気持ちを持ってほしいな、と思います。

    掲載日:2007/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもわかりやすいです。

    「こどものとも012」シリーズの中で一番最初に買いました。とても分かりやすそうだったからです。こどもに語りかけるような、やさしい文章です。うちの子供は、おいしそうなイチゴが載っているページが好きです。0歳から1歳前半までよく読んでいました。

    掲載日:2007/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんへの読み聞かせにぴったり!

    内容はというと、作者がぬいぐるみのわんわんに「つみきのおうちだね」「まりだね」「おはなししているの?」というふうに語りかけているのですが、それがちょうど小さな子どもに話しかけているような口調なので、赤ちゃんに読み聞かせるにはぴったりの絵本だと思います。実際娘が0歳の頃に何度も何度も読んであげていました。

    掲載日:2007/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぬいぐるみちっくな仔犬

    仔犬がいろんなモノを見つけるだけといえばそうなのですが、やはり0歳児のツボなんでしょう、いい本だと思います。植木鉢の花や時計、ボールなど赤ちゃんの身近なものが次々とページをめくるたび現れるので「あ、ボールだ。ボール見つけた」「今度は花だ。これは、植木鉢」などと指差しで説明して読んであげています。

    掲載日:2006/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 平山和子さんがおもちゃのわんわんを描くとこういう絵本になるのね。食べ物の絵しか見たことがなかったので、新たな発見です。おもちゃのわんわんの毛足の短いやわらかな感触まで伝わってきます。おもちゃのわんわんなので、表情はありません。でも舌ぺロっと出して花やコップを見つめるシーンは、なんだか活き活きと感じるから不思議。平山和子さんが描くとおもちゃにも命が吹き込まれるのでしょうか。

    わんわんの目を通して描かれた世界は、あかちゃんの見る世界と一緒。
    ちいさなありさんを見たり、とけいを見てカチカチという音を聞いたり。あかちゃんの興味をそのままわんわんが代わって体験してくれるのです。

    おもちゃのわんわんは食べれないけれど、もちろんいちごも描かれています。平山和子さんが描くつやつやとしたいちごは、娘の大のお気に入りです。

    掲載日:2003/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • いぬと子供?

    • 19さん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子1歳

    ワンワンがいつのまにか、子供とかぶってきます。ワンワンちゃんの行動を子供に読んであげていると、子供の行動に良く似ていて、いつの間にか、わが子の行動を読んでいる様な、不思議な感じになってきますね。

    掲載日:2002/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ / てんてんてん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット