クリスマス くろくま クリスマス くろくま クリスマス くろくまの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
みんなでプレゼントを持ち寄って、さあ、クリスマスパーティーのはじまりです。サンタさんからもステキなプレゼントがありました!

くもんのはじめてのずかん どうぶつ・とり」 みんなの声

くもんのはじめてのずかん どうぶつ・とり 監修:今泉 忠明
絵:あき びんご
出版社:くもん出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784774317601
評価スコア 3.33
評価ランキング 36,956
みんなの声 総数 2
「くもんのはじめてのずかん どうぶつ・とり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 感動がある図鑑!!

    友人からのプレゼントとしていただきました。

    最初は、「ん?図鑑なのに写真じゃないの??」と思ったのですが、ページをめくるうちに、違和感よりも感動の方が思いっきり上回ってしまいました!

    一つ一つの動物の絵が、とっても素晴らしくて、図鑑としてはもちろんのこと、子供の感性を育てる絵本としての機能も果たしてくれそうな予感がして、ワクワクしてます。

    日本語名の下に、英語表記と、さらに英語での読み方がカタカナで書いてあるのもありがたいです。しかも、発音のアクセント部分が太文字になってるなんて・・・かゆいところに手が届いてる!!

    内容も、動物園や日常生活で出会う動物は、ほぼ網羅されていました。特に、犬と猫は、家で飼われていそうな種類が細かく描きわけられているのが、個人的にかなりツボでした。

    よく道端で出会う、お散歩中のお洒落なワンちゃんの犬種がわからなかったのですが、明日からは「あれはミニチュア・ピンシャーだね!」と自信を持って子供に教えてあげられます(笑)

    私も、お友達にプレゼントしたくなる一冊でした☆

    掲載日:2011/10/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • 中途半端

    図鑑を選ぶのって、結構悩むんです、わたし。
    ずっと持っていたいし、一冊買うと結構出費もありますし(笑)
    だからこの図鑑をみて、思った事を率直に書こうと思います。図鑑選びの参考までに。

    写真だと細かい特徴がつかみにくい場合がある、だからイラスト。という点には納得です。が、それで『本物に忠実なイラスト』という触れ込みで図鑑を出すなら、あきびんご氏の『味わい深い』イラストを使う必要があるのでしょうか?

    『大きさ・重さの概念についても興味をもってもらえるよう、大きさと重さを表記』ということですが、数字を羅列しても小さな子どもには入って行きません。では少し大きな子供向け??いやいや、「はじめての」なんだよなあ・・・。

    『ものとその名前を認識することは、子どもの世界を大きく広げます』
    たしかに。しかし、図鑑に初めて接するような乳幼児に、この膨大な量の動物の名前を、あいうえお順に羅列する意味はあるのでしょうか。
    このくらいの量の動物に興味を持てる子なら、わたしだったらどこに生息しているかとか、どんな暮らしをしているのかとか、そちらをカバーできる図鑑を与えたいです。

    もしも、家庭で何種類も図鑑を所蔵して楽しみたい、というなら、こういった少しくせのある図鑑も面白いかと思います。

    掲載日:2010/11/23

    参考になりました
    感謝
    2

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クララ
    クララ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今からおよそ300年前、ヨーロッパを旅したサイのはなし。実話をもとに描かれた感動の一冊。


『ぼーるとぼくとくも』 加藤休ミさん インタビュー!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット