しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。

月おとこ」 みんなの声

月おとこ 作:トミー・ウンゲラー
絵:トミー・ウンゲラー
訳:田村 隆一 麻生 九美
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1978年11月
ISBN:9784566001138
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,707
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 楽しいウンゲラーの世界

    月全体が月おとこ。
    三百年も前から宇宙船を研究していた博士。
    月にすっぽり入ってしまう月おとこが地球にやってくると人間と同じ大きさに。
    ?マークの繰り返しだけど、考えているひまもない展開。
    理屈も常識も受け付けない破天荒なウンゲラー世界。
    とてもインパクトのある漫画絵本。
    楽しめる絵本でありながら苦みばしった後味。
    ほんわりした月おとこの表情に対して、地球の登場人物はどこかニヒル。
    単純に見えるストーリーも含みがいっぱいあるようにも思えました。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • ユーモアあふれるストーリー

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    月おとこはダンスがしたいがために、地球にやってきます。それがインベーダー扱いされて囚われてしまします。脱出することが出来てダンスは出来ますが・・・。結局は月に帰ります。
    月おとこの顔のインパクトがすごいです。ありえなくておもしろいお話です。とてもユーモアにあふれています。子どもは、月の満ち欠けとともに月おとこの体型が変化するのがおもしろいようです。
    月おとこの顔が嫌でなければ、ぜひ一度読んでみてください。

    掲載日:2016/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • トミー・ウンゲラーの発想がおもしろい
    月おとこの夢は 人間たちが楽しそうに踊っている仲間に入りたいのです
    どうやって地球へきたか  ここがおもしろい! ながれぼしのしっぽにつかまって・・・・

    人間たちはびっくり あわてふためく人間の様子が なんだか滑稽です!
    警官に捕まった月おとこは牢屋に入れられますが・・・・

    ここは月 満ち欠けで 形がかわり、逃げ出すところは おもしろい発想ですね
    そして 月おとこは夢が叶えられたのです それは幸せそうです

    ところがまたもやお巡りさんに追いかけられて、そこで出会った博士は300年も前から月へ行く宇宙船の研究していて、こんな夢を持っている博士がいたんですね

    月おとこは博士の宇宙船に乗って無事月へもどれてよかったね

    それにしても人間の世界の現実的なのと 月おとこと 博士のそれぞれの違いがおもしろく描かれていて 楽しいお話でした

    今日4月4日は、皆既月食の日ですが あいにく曇りで、私の住んでいるところからは 月は見えませんでした・・・

    残念! 月おとこは 今でも月にいるのかと思うと楽しくなります

    ウンゲラーの絵は楽しくて見ていて飽きません
    お話もおもしろい絵本でした!
    子どもたちが好きそうなお話ですね

    掲載日:2015/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月をみるたびに・・・

    • ひめママさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子7歳

    娘が年長の頃、買いました。
    とてもユーモアのある絵本です。
    ずっと地球に行ってみたかった月おとこ。
    ある日、流れ星につかまって地球にやってきますが、とらえられ、
    ろうやに入れられます。
    ところが、月おとこは月の満ち欠けにおうじてやせたり太ったり。
    つきが欠けていくにつれ、月おとこもやせて、鉄格子の窓から逃げることができました。
    あこがれのダンスを楽しむこともできましたが、またもや追われる身になってしまいます。
    でも最後は、無事にもとの月にもどることができました。
    ユーモラスな月おとこの絵がいいです。
    ナンセンスとよばれる絵本は、世の中にたくさんありますが、どうせなら、月おとこのようなこんなお話を親子で楽しむことをおすすめします。
    この絵本を読んで以来、子どもと月を見るたびに「今日の月おとこは、
    やせてるね」「今日は、太ってるね」と会話するようになりました。

    掲載日:2012/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の雰囲気が好き

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    ちょっぴり怖い、でもかわいい!そんなキャラクターが主人公の絵本。
    月という神秘なものがやってくるっていうところも、ちゃんと満ち欠けをするっていうところも、異質なものを体験するようで、どきどき感がありました。
    6歳の息子には、月の満ち欠けが理解できたかどうかわかりませんが、月おとこに待ち受けるできごとにスリルがあって、知らず知らずに月おとこがどんな生物なのか興味津々になっていたようです。
    本文中にちょっと難しい語句や、長い名前(!)などがありますが、それらにぶつかってもとまらずに読み続けましょう。コトバ以上に絵に力があるので、話の世界にどっぷりつかって集中!この本を楽しむヒントです。

    掲載日:2010/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもたち大好き。

    実はこの感想を書いている今は、月おとこを読んでから
    1か月くらい経っています。
    月おとこは子供たちが大好きで、何度も読んでいましたし、
    感想を書こうと思ったものの私はなんとなくしか
    覚えていませんでした。
    それで、子供たちに、
    「月おとこは、どうやって地球におちてきたんやったけ?」
    と聞いてみると、
    長男が、
    「えーと、流れ星につかまって!」
    すると、長女が、
    「流れ星のしっぽ!!」
    と二人とも競い合うように、必死になって言っていました。
    私は、流れ星なんてまったく頭に残っていなかったので、
    子供たちに関心しました。
    月おとこの表情がかわいらしくって、
    とても魅力的な本ですよ。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がおもしろかったです

    月にいるときの男は大きそうなのに、ちきゅうにいるときはにんげんぐらいの大きさだったから、ふしぎでした。

    つかまっても、まいにちすこしずつ小さくなって、にげられるから、びっくりしました。

    絵がおもしろかったです。

    かそうパーティだから、みんなにきづかないからおもしろかったです。なんできがつかないんだろって思いました。

    月おとこは白いけど、ほんものの月は白いのかな。ぼくも月おとこを見てみたいです。

    掲載日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウンゲラーらしい

    息子の疑問は、息子が感想にも書いていますが、月おとこが、月にいる時は大きそうなのに、地球にいる時は人間サイズなことでした。

    大きかったから、余計に大騒ぎそれそうですよね。

    月にいるのは日本でいうとうさぎのイメージですけれど、月おとこというところが、ウンゲラーっぽいなあと思いました。

    月の満ち欠けを利用して脱走ができるというのもアイデアですね。タイプは全然違いますが、「月のみはりばん」を思い出しました。

    それにしても博士が三百年も研究しているってすごいです。おばけではないですよね。

    ウンゲラーらしい月のお話だと思いました。

    掲載日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月にすむのは、うさぎじゃないの!?

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    月といえばウサギと思っているので、おとこが住んでいるなんて、
    と思いましたが、この月おとこさんは、かわいらしいのです。
    月から、流れ星につかまって地球にきます。
    その音に、びっくりした人々が集まってきます。
    そこに、見物人をあてこんだアイス屋さんが来るあたりが、おもしろいです。

    月おとこさんはつかまってしまうけど、月が欠けるとだんだんやせていって、
    逃げる事が出来ます。
    それからの展開は、まず想像がつくようなおはなしですが、
    月おとこさんに、感情移入できるからおもしろいです。

    高学年のクラスで読み聞かせをしたいです。

    掲載日:2006/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんとも不思議なお話です

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子9歳、女の子3歳

     ちょっぴり世の中を皮肉っていて、おもしろおかしいトミー・ウンゲラーワールド、ここにもあり!という感じの作品でした。
     地上の饗宴を体験してみたいと思っていただけなのに、いざやって来てみると怪しいものとして追われてしまう月おとこ。自分はささやかな願いを実現したいだけなのに、まわりはそうとは思わず悪者扱い。月おとこの何とも言えないまろやかな表情が、スマイルしているにもかかわらず物悲しさをかもし出しています。
     投獄されたときの場面が印象的でした。月の満ち欠けに左右され、半月のとき、自分の体も半分になり脱獄に成功するのです。新月のときは消えてしまうんですよ。(このユーモアは斬新でした。)
     息子は、300年も前から月へ行くための宇宙船の研究をしていたという科学者ドクトル・ブンゼン・バン・デル・ダンケルに魅せられ、娘は「月おとこ」の存在に興味を持ったようでした。(「パパお月さまとって」以来、とても月が気になるようなのです。警戒命令とか特別法廷とか半狂乱とか、難しい言葉が出てくるにもかかわらず、彼女は月おとこにとても惹かれていました)。
     それにしても「月」が題材となる絵本って多いですよね。就寝前の絵本ということで、太陽よりも多いのかもしれませんが。「月=母親」的な丸さというか、包容力があるのかなー。このお話は月「おとこ」でしたけれど。特に小学生の男の子にお勧めします。

    掲載日:2003/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


楽しく手品を覚えて世界一のマジシャンを目指そう!

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット