すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ジム・ボタンのたびだち」 みんなの声

ジム・ボタンのたびだち 絵:マティアス・ヴェーバー
訳:酒作進一
原作:ミヒャエル・エンデ
再話:ベアーテ・デリング
原作挿絵:F・J・トリップ
出版社:長崎出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年09月
ISBN:9784860954321
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,518
みんなの声 総数 2
「ジム・ボタンのたびだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 切ない

    汽車がすきなので息子が表紙だけをみて
    借りて欲しいというので借りました。
    漢字もところどころある絵本なので
    もう少し大きな子向けかなと思います。

    内容もえ〜〜〜!!!です。

    もうどうして一緒に出ていくのか
    私はどうしても納得出来ません。

    王様もおばさんも絶対悲しくて
    受け止められないと思います。

    掲載日:2014/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナーニおばさんはどうなるの?

    赤ん坊のときに小包で送られてきたジム・ボタンを自分の子供のように可愛がって育てたナーニおばさんはどうなってしまうの?フクラム国は
    王様とナーニおばさんと物知りのソデワキ氏の三人になってしまうから寂しくなってしまいます。でも、自分が原因で機関士のルーカスがエマと一緒に島から出て行くのですから大好きなルーカスについていく気持ちもわからないでもないですが、とても複雑な思いでいっぱいです!
    とにかくこの後どうなってしまうのかが気がかりです。それにしてもジム・ボタンは大きくなったなあって思いました。やっぱり、どうしてもナーニおばさんが可愛がっているジム・ボタンがいなくなってしまうのが一番の気がかりになりました!

    掲載日:2010/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



くまのパンやでパピプペポ♪おいしいパンをめぐって起こるお話

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット