しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

あるきだした小さな木」 みんなの声

あるきだした小さな木 作:テルマ・ボルクマン
絵:シルビー・セリグ
訳:はなわ かんじ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1969年12月
ISBN:9784034041406
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,475
みんなの声 総数 8
「あるきだした小さな木」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今まで試しに歩こうとした木がなかったけど

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    なぜ、今まで出会わなかったんでしょう!
    表紙絵には覚えがありますが、子どもの頃は読まなかったです。(残念)
    日本での初版は1969年、かなり古いですね!やっぱり図書館選定図書になってます。

    児童書というより、絵の多い童話に近いので、本の好きなお子さんなら4,5歳からでも十分読めると思います。
    (やや長めのお話なので、大人が読んであげてもいいと思います)

    「小さな木」が、今までの木は歩こうとしなかっただけで、木だって歩けるんじゃないかと、こっそり「根」を動かす練習を重ねて、歩き出すまでの過程が、個人的には一番面白かったです。

    とても《深い》いい作品なので、たくさんの子どもたちに(ブック・トークなどで)紹介していきたいと思います。

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    3
  • うっとりするほど美しい挿絵

    最近、絵本だけでなく児童書と言われる読み物にも興味が出てきた6歳の娘と読みました。
    すこし長めのお話なので、「途中までね」と約束して読み始めたのですが、ドキドキワクワクのストーリーと素敵な挿絵に誘われて、私の方が次から次へとページをめくりたくなってしまいました。
    ちょっとレトロな雰囲気の絵ですが、それはそれはうっとりするほど美しいです。図書館で借りて読みましたが、これは購入して手元に置いておきたいと思います。

    掲載日:2014/02/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもの落ち着く場所は

    益田ミリさんの『おとな小学生』で紹介されていて気になった本です。
    木が歩き出すという、小さな木の並々ならぬ努力の後ろに、何も言えず見送るだけの親の木の寂しさも感じたからです。
    でも、子どもの立場で一番に感じて欲しいのは、自分が何をしたいかですよね。
    この小さな木は、自分で努力して歩き、思いやりも身につけ、親の知らない場所で自分の居場所を見つけました。
    もう歩くことはできないかも知れないけれど、きっと自分の子どもを見送れる親になるのでしょうね。

    掲載日:2016/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • また読めてよかった

    子どもの頃読んで印象に残っていた本です。といっても、鮮やかな表紙と、木があるいたということだけ。細かいストーリーなどはすっかり忘れていました。今も出版されていることを知り、読んでみて、びっくりしました。こんないいお話だったなんて! 
    特に、木が歩こうと決心した場面。
    「でも、ほんとうに木はあるけないのかしら。
    それはいままで、ためしにあるこうとした木が一本もなかったからです。本当にいっしょうけんめいにあるこうとおもった木が、一本もなかったからです」の文章が、ずーんときました。心にしみます。
    大人には大人の、子どもには子どもの楽しみ方ができる本だと思います。くわえて、沢山ある挿絵も本当にきれいです。
    幼い頃に読んだきりでしたが、また読めて本当によかったです。

    掲載日:2016/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自立して居場所を見つける

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    6歳の長男に読みました。

    ずいぶん古い本のようですが、私は読んだことがありませんでした。小さな子供の木が、自立を望み、旅に出て、そして自分の居場所を見つける話です。木が歩くというそのユニークな発想がまず心惹かれますが、自由にあちこち出かけて行って人々を驚かせたり、恋人たちの仲をとりもったり・・・とてもヨーロッパ的だなと思いました。そのユニークさでは何となくバーバパパに似ているような気もしました。

    子供はこの木に自分の成長を重ねて読むことでしょう。少し大きくなった子にお勧めです。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自由を求めた小さな木の冒険

    このお話は、作者のポルクマンさんが双子の息子に話してあげたママの作ったお話なのですね。 感動します ママは このお話の小さな木を歩かせるのです

    大好きな、ママやパパや友達とも別れて・・・・いろんな興味を持つ小さな木の冒険のお話です
    長いお話です(童話) 木は自由を求めていろんなものに出会うのです

    人間の男の子だったり町では いろんな人に出会い 夜に歩き、昼は町のみんなの憩いの場となるのです。

    お話を読んでいるだけで 嬉しくなるのです

    木の下で、憩う人たち 木てすごく人間の心を休めてくれるのですね!

    恋人たちのキューピト役もするのですよ。
    ほんとに 小さな木は 自由を求めて歩いて いろんな体験をするのが楽しいです

    そして 大きな おとなの 木になるのです。

    ポルクマンさんは 息子にお話をしてあげるなんて すばらしいママですね!

    彼女の自由を求め独り立ちし、愛を求める生き方が 息子たちにしっかりと受け継がれていくと感じました。

    ポルクマンさんの メッセージ 「日本の皆さんへ」

    日本の子供のみなさん。  今も そして 大きくなってからも、 日本の美しいものをしっかり守ってください。 自然を大事にする心を、 勇気を 人の命を尊ぶ心を しっかりもってください。  

    こんなすばらしい メッセージを書いてくださった、ポルクマンさんに
    感謝します!
     
    私たち日本の大人もしっかり子供に語っていかなければならないことを
    教えられた思いです

    お話の中に込められたメッセージはとても大切です!(訳者の 花輪さんの後書きも 是非読んでみてください!)

    絵も美しいので 子供たちにも楽しんでもらえる童話です 
    子供たちに 木の思いを受け止めてもらえたら嬉しいですね!

    読み聞かせしてあげたい童話です!

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパとママの木と離れ離れ

     アーティスティックな表紙の絵と、おもしろそうな題名に引かれて購入しました。1ページ1ページの絵も、異国情緒にあふれ、不思議な雰囲気があります。小さい子向けではないように思うのですが、とても印象深い絵で、何か力強いものを感じます。

     お話は、「ふらいぱんじいさん」のようでもあり、そこに恋のエッセンスも少し加わって、大人が読んでも楽しめる内容です。やがて、ちびっこの木は、深く、深く、根っこを張り、空に向かってずんずん伸び、とうとうパパの木よりも、ママの木よりも大きくなりました。

     娘は、読み終わってすぐに、「じゃあ、もう(ちびっ子の木は)歩けないの?」と言い、それから「じゃあ、パパとママは? パパとママの木は悲しい?・・・パパとママの木は歩ける?」と、大人とはまったく違った感じ方をしたようでした。娘には、ちびっこの木が、ここに根を下ろして生きていくことを決め、「木のしあわせ」を手に入れたことよりも、パパとママの木と離れ離れになってしまった、ということが、とてもかわいそうに思えたのですね。

    「悲しいお話だから、あんまりよくなかった」と言っていましたが、数年後にはどんな感想に変わっているでしょう?娘がまた読みたい、と言うまで、本棚の隅っこにしまっておこうと思います。

    掲載日:2009/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大冒険!

    • ぴよさん
    • 20代
    • その他の方
    • 福島県

    小さい頃に大好きだった絵本です。
    題名も作者も忘れてしまっていたのですが、色んな人に聞いて、なんとか探し出しました。
    パパの木やママの木の側で暮らすより、自由を求めて歩き出したちびっこの木のお話がとても面白く、何度も読みかえしたくなります。
    ちびっこの木が成長していく姿もとても良いです。
    また、絵もとてもキレイです。
    読みごたえアリ!

    掲載日:2003/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット