庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

なんでもふたつさん」 みんなの声

なんでもふたつさん 作:M.S.クラッチ
絵:K.ビーゼ
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784477020846
評価スコア 3.78
評価ランキング 29,391
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不快な結末

    このサイトのレビューが良かったので、図書館で借りてきましたが、とても不快な本なので、子どもに見せずに返却しました。最初のほうは、「おじさんのかさ」みたいなちょっと変なおじさんの話として期待しながら読みましたが、おくさんがひとりしかいないことと、子どもがひとりしかいないことを残念に思っているあたりから、雲行きがあやしくなります。結局 解決策を見つけるのですが、読んでいて私の不快メーターが振り切れました。1940年代のアメリカで出版された本のようですが、昔はおもしろかったかもしれませんが、現代の私の感覚では生理的に受け入れられません。

    掲載日:2012/07/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • まさかのラスト

    面白いんです、面白いんですけど。
    最初は息子の食いつきもとても良くて楽しそうに読んでいたのにラストまであと少しというところで、爆睡!驚きました。ワクワク読んでいたのになぜ?と。
    その後、一読した私の感想としては、結末に納得いかない女性読者が多数いそうだなということです。私もやはり違和感が拭えませんでした。
    それでいいの?お母さん?!と言いたかった。
    まぁ、甲斐性ある旦那だからいいのか。・・・いいのか?
    普段なら、読み切れなかった本は読み聞かせてやるんですが、こちらはもういいかな、と思っています。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆかいな本として読めば

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    なんでもふたつでないときがすまないおじさん。
    おくさんやこどもは一人なのですが、本音では二人欲しかったようです。ここを受け入れられずに不快に思う大人の方がいそうだと思いました(特に女性)。
    こどもは気にせず面白がるかなと思いますが、大人の中には受け入れられない方がいるお話かもしれません。
    単純にゆかいなお話として読めば私は面白かったです。
    うーん、でもなんでもふたつってお金かかりますよねー。

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえないでしょ

    ありえないことだらけですよ、この絵本の中のお話は。
    服を二つ持つことと、奥さんや子供を二人にすることを、同じように考えるのは、いかがなものでしょう・・・
    子供は単純に「おかしいー」と言って笑っていたのですが、私には笑えなかったです。

    掲載日:2012/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママはハラハラドキドキ

    「なんでもふたつさん」は、
    名前のとおり、なんでも二つずつ揃えるのが
    大好きな男の人。
    表紙の絵のように、
    帽子や、シャツ、ネクタイ、かさ、
    なんでもふたつです。
    仕事も2つもっているし、
    家も、同じのが2軒並んでいます。

    そんな、なんでもふたつさんが残念に思っているのは、
    奥さんがひとり、こどもがひとりのこと。

    奥さんとこどもはひとりでいい。
    そう思うエピソードがあるのでは?
    と、期待しながら、読み進めると・・・

    なんだかすごいことになります。
    ママはハラハラドキドキ。

    でも子どもは、
    ミラクルな展開に、楽しくてしかたがない様子。

    一人読みできるようになった子に
    ぜったいオススメです。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんでもふたつさんは一人だぞ〜

    なんでもふたつなければ気が済まないという主人公。
    こだわりというか意固地というか、面白いのですが、なんで自分は一人なのだろうと考えてしまいました。
    奥さん二人、子どもも二人…。
    二つの家庭は平和なのでしょうか?
    どう考えても無理な設定が笑えるのです。
    笑って済ませる変な本として受け入れる子どもたちは純粋です。

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんたちは心穏やかでなかったりして

     読みました!
     愉快!愉快!
     “なんでもふたつ”さんのこだわりの凄さに、最初はへぇ〜と呑気に笑っていましたが、二つだけある残念なことのお話に進み、ムムムッ!まさか!と思いつつ読みました。

     そしたらなんと、“なんでもふたつ”さんの“理想の家庭”ができちゃうなんて、こどもはニッコリケラケラ読めますが、お母さんたちは心穏やかでなかったりして・・・(笑)。

     さて、ピーターの将来はいかに?と思わず先の心配までしてしまいました。

     低学年の一人読みにピッタリな長さのお話でした。

    掲載日:2011/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • そんなものまでふたつに!

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    ゆかいなゆかいな・・・の本だったので
    読んで見ることにしました。低学年対象ですが
    年少の下の子でもじっと聞いていて
    おおまかに理解できていたと思います。

    なんでもふたつさんはシャツもふたつ、靴もふたつ
    うまーく履いています。仕事もふたつ。家もふたつ。
    何もかもふたつなんだけど、気に入らないこともふたつ。
    奥さんが一人、息子が一人。
    それはまずいでしょ!奥さん二人はまずいよなー、
    子供はもうひとりできれば何とかOK。
    なんて考えながら読み進めました。

    終盤、なんでもふたつさんはこの問題をうまく解決しました。
    それは読んでのお楽しみにしておきしょう。
    お腹を抱えて笑うお話ではないけど
    「ゆかい」なお話でした。

    掲載日:2010/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / しゅっぱつ・しんこう!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット