ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ちいさなピョン」 みんなの声

ちいさなピョン 作:串井 てつお
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年05月20日
ISBN:9784061322585
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,701
みんなの声 総数 10
「ちいさなピョン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ピョンピョン楽しそう

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    絵がきれいでびっくりしました。カエルがとっても活き活きと描かれています。同じ緑色でも、いろんな緑色があるね〜と息子と言いながら読みました。
    サギに狙われる場面はヒヤヒヤしましたが、まさかピョンの色が変わって危機一髪で助かるなんて、驚きでした。
    さいごのいろんなカエルたちがうれしそうにはねている姿を見ると、こっちまでうれしくなりました。

    掲載日:2016/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がかわいい!

    • どどさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    カエルの絵がとてもかわいいです。
    実物に近く、でもリアルでもない、、、。

    身近なカエルにもいろんな種類があることがわかります。
    ツチガエル。
    トノサマガエル。
    シュレーゲルアオガエル。
    アマガエル。

    それぞれのカエルの違いも分かる絵本でした。
    アマガエルのピョンが、サギに狙われそうになる場面では、ハラハラドキドキしました!
    いろんなカエルを見つけてみたいなあ・・・と思わせてくれる一冊でした。

    掲載日:2013/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえる好きにはたまりません

    • くくるさん
    • 30代
    • その他の方
    • 大阪府

    かえるキャラ好きとしては表紙を見ただけで興味をそそられる
    蕗の葉にしがみつくあまがえるはとても愛らしい

    かえるになったばかりのピョンは自分が何者なのかを探しに出かける
    つちがえる、とのさまがえる、しゅれーげるあおがえる
    でも何だか違うんだ
    やっと仲間に出会えたと思ったら危機が迫る!

    かえるたちの表情がやさしい
    かえる目線の地上から20センチくらいまでの世界を
    自分も同じように小さくなり冒険できる

    仲間を見つける旅からその後のドキドキ事件まで
    二度楽しませてもらったようだ

    絵もリアルなようで少しアニメ的でもあり私は好きだ
    さいごのたくさんのかえるが飛び出してくる頁は
    躍動感があって心が晴れ晴れする

    掲載日:2011/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえるにも色々種類があるのね

    「かえる」といえば、あまがえるととのさまがえるくらいしか知らなかった私。
    かえると言えば、当然のように緑と思っていたけど、大きくなってもかえるがみんな緑になるわけではないことを知ったのも、去年、娘が夏休みの自由研究でかえるを飼ってからはじめて知ったこと。
    そのかえるが主人公ということで、ちょっと興味を持ちました。
    おたまじゃくしからかえるになった小さなピョンは、自分が何者なのかがわからない。
    いろんなかえるにあって、自分は何がえるなのか考えます。
    まるで写真のようにも見えるかえるの絵がかわいらしい。
    いろんなかえるの生態もよくわかります。
    かえるの観察をした娘は、
    「あ、これ、観察したのと同じかえる。」
    「ほんとは、こういうかえるが飼いたかったんだよね。」
    と興味を示していました。

    掲載日:2009/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • カエルくんの冒険物語?

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    見方を変えると、蛙の生態を知る本になるのかもしれませんが、私と娘にとっては、カエル君が自分探しをする大冒険絵本でした。
    もしかして仲間?違うの?と喜んだりがっかりしたり。大きな鳥に食べられちゃうよーとハラハラ・ドキドキ。
    蛙にも色々な種類がいる事と、おたまじゃくしは蛙の子を学習しながら楽しく読める冒険絵本でした。

    掲載日:2008/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • カエルの種類を見分けられるようになるよ☆

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    カエルは触れないし どちらかといえば苦手なのですが…
    この絵本のカエルは とっても愛らしく感じられました。
    おたまじゃくしの生まれる春も もうそこまで来ています。
    もうすぐ会えますね(笑)

    自分がどんなカエルなのかを探しながら旅をする
    小さなカエル(ピョン)の冒険のお話。
    途中で出会うカエルに
    「ぼくも ○○ガエル?」って聞くと
    ここが違うから違うかな…って。
    いろんなカエルの種類を覚えられそうです☆
    そして…ピョンの仲間は☆☆ガエルだったのですが
    最後の方では この種類のカエルの生態(変色)について描かれています。
    子供たちは ちょっとビックリするかもしれませんね。

    掲載日:2007/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • カエルが触れない、でも大好きな子の為に

    • らずりさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    上の娘が2歳くらいの頃、児童館にカエルがいたことがありました。
    種類はウシガエル、かなり大きくて、大人も逃げ回るほど。
    娘も恐くて触れなかったのですが、でも興味もあったみたいで、その後しばらくカエルがブームとなりまして、そして見つけたのがこの絵本でした。

    リアルに近いのに、でもとても可愛らしいカエルの絵に娘は惹かれ、何回も何回も読み直しました。
    いろいろな種類がいること、アマガエルは色が変わること、カエルを食べてしまう生き物がいること…、いろいろなことをこの絵本で知りました。
    この絵本で更に親しみができたのか、幼稚園に行くようになった今では、アマガエルを鷲づかみにしている娘です(笑)。

    掲載日:2007/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さなかえるの大きな冒険

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、男の子7歳

    一匹のおたまじゃくしがかえるになりました。ぎーこ、ぎーこと鳴く大きなかえるに出会い、「こんにちは。あなたはだれ?」を声を掛けます。しかし、「わしはつちがえるのギーコだ。あんたは?」と聞き返され、困ってしまいました。かえるは自分の名前を知りませんでした。「さよなら!」と言ってぴょんと飛んだかえるは、「あ。ぼく、ピョンだ。きっとぼく、つちがえるのピョンだ」とうれしくなりました。ところが、しばらくすると体の模様が変わってきて…。
    実写と見間違えるほどの精巧な挿し絵と、起承転結のしっかりしたストーリー展開。小学1年生のわが家の双子(男女)は、次々出てくるさまざまなかえるに大喜び。終盤、かえるの目から見たさぎの大きさにも迫力があります(この場面、空もどんより暗くて聞き手にさらなる不安感を与えます)。
    小さなかえるの、仲間探しの旅。まだら模様になったり土色になったり、どんどん変化する自分の体に戸惑いつつも、最後に出会ったのは…。名前があるということ、仲間がいるということ、当たり前と思っていたことだけに、ピョンの経験を通して「いま自分がこうして生きていること」の幸せを改めてかみしめました。…テーマは少し違うかもしれませんが、「ねこのなまえ」「こすずめのぼうけん」を思い出しました。
    かえる好きのお子さんにはもちろん、そうでないお子さんにも、そして大人にもオススメできる、すごい絵本です。一度読んでみて!

    掲載日:2007/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図鑑のようです。

    • がらこさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子4歳

    写真のように細かく書き込まれている絵本です。

    いろいろな種類のカエルのそれぞれの鳴き声、細かい模様の違い、などなど・・・。

    図鑑を見ているようです。

    掲載日:2003/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本物のカエル?

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子1歳

     絵なのか、CGなのか分かりませんが、すごく立体的で、今にも飛び出しそうなかえるのピョンが主人公です。
     自分が何カエルなのか、探しながら冒険するのですが、カエルの見分け方も理解できるようになっています。
     ちょっと、ハラハラさせられる所もあって、なかなか面白い作品だと思います。

    掲載日:2003/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / かみさまからのおくりもの / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット