庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ひみつたんていダイアリー(1) オイボレ発明家をすくえ!」 みんなの声

ひみつたんていダイアリー(1) オイボレ発明家をすくえ! 作:ヨアヒム・フリードリヒ
絵:はた こうしろう
訳:はたさわ ゆうこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784198630515
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ユニークな三人組

    「ひみつたんていダイアリー」シリーズの1冊目です。
    主人公は小4の三人組。海賊好きな女の子、物知りだけどやせっぽちな男の子、そして力持ちででぶっちょの男の子という、でこぼこトリオです。

    女の子フローは転校してきたばかりなのですが、この学校というのがとてもユニーク。
    なにせ、ふるぼけた「お城」が学校なんです。
    といっても魔法使いとかは登場しません。お城が学校になるきわめて現実的理由があるんです(笑)。
    「ひみつたんてい」と銘打っているだけあって、ストーリーの途中に謎が登場したり困った事態が起きたりします。
    3人組はいったいどうする??

    シリーズ1作目ということもあり、前半は状況や人物説明が少々長めかな?と感じます。が、とてもユニークな設定なので、それもまた楽しめました。
    一応、一話完結のお話のようですが、ラストで少し状況が変わるので、次回作も楽しみです。

    児童書ですが文章量はそれほど多くないので、本が好きなお子さんなら小学校低学年から楽しめると思います。

    掲載日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット