たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

やあ! 出会えたね 赤トンボ」 みんなの声

やあ! 出会えたね 赤トンボ 文・写真:今森 光彦
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年08月
ISBN:9784752005179
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,258
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今森さん

    今森さんの作品だったのでこの絵本を選びました。とても美しい写真が多用されているのが良いと思いました。この絵本を読むことで自然と赤とんぼのことが知れるのが良いと思いました。とても特殊で独特の魅力を持つ赤とんぼのことを分かりやすく学べるのが良いと思いました。ますます自然に興味が湧く絵本です。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 神秘的な羽化

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    田んぼの中で見つけたヤゴの観察記録写真、といったところでしょうか。
    見つけた田んぼの様子、ヤゴの様子などが、今森さんのワクワク感とともに綴られています。
    やはりハイライトは羽化です。
    私も実際に観察したことがありますが、その時の感動が蘇るような、
    的確なカメラワークの写真が嬉しかったです。
    人間との共存の問題も考えさせられますね。
    トンボの顔も、こうやって改めて見ると奥が深いです。
    昆虫の中では、比較的親しみやすい存在ですから、
    昆虫初級者にはお勧めします。

    掲載日:2013/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • じっくりゆっくり、眺めて堪能して

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    写真家・今森光彦さんの写真絵本です。

    私は元々あまり細かいことまで区別しなしし、個々の名前を覚えるのがとても苦手なので、
    作者の今森さんが、「赤トンボ」たちを細かい違いを絵にして描いてくれていますが、羽の模様はともかく、昆虫の胸の筋の違いなど、描かれて説明されていても、よくわかりませんでした。(残念)

    それでも、ちいなさ赤トンボの一生を、丁寧に、分かりやすく描いてくれている(写真がメインですが)、今森さんの絵本はとても好きです。
    自然界や動植物への愛情が、今森さんの取られた写真から、すごく伝わってきました。

    写真の上に活字が載ってしまっているページが多く、よく読みこんでいかないと、読み語りに使うのは、読み手には反射してよく見えないと思います。
    学校などの読み語りに使うのでしたら、高学年から。
    どちらかというと、1人読みで、じっくりゆっくり、眺めて堪能してほしい作品です。

    掲載日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット