ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

幽霊屋敷貸します」 みんなの声

幽霊屋敷貸します 作:富安 陽子
絵:篠崎 三朗
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年07月20日
ISBN:9784406028264
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「幽霊屋敷貸します」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 涙が出ました。

    私は、子供の頃から幽霊、お化け、妖怪が出てくる本が大好きでした。今でも好きでよく娘と読んでいます。この本も、背中がゾクゾクするような幽霊が出てくるのでは、と思い読んでみたら、始めは主人公の季子ちゃんと一緒になって謎解きにワクワクしていましたが、最後の方で涙が出てしまいました。江田さんもトムくんも、そしてポウおばさんもずーっと辛い思いをしてきたんですね。お互いの誤解がとけ、ポウおばさんはみんなに感謝のきもちを伝え、行くべきところに行きました。
     心がほっこりした幽霊本でした。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • オカルトではなく、ミステリでした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    「風の文学館」という、小学校高学年向けの児童書シリーズの1冊です。
    上の子が朝読出先に読みました。
    私も読みましたが、まさに対象年齢の下の子は、まだ読んでいません。
    題名からして、ちょっとオカルト系のお話かと思ったら、探偵ものでした。

    主人公の一家は新しい一軒家を自分たちの真の家にするべく、その家に住みつく元の持ち主の幽霊の難解な謎を解くことになる。というちょっと斬新な物語でした。
    でも、話の流れは富安さんのお話によくあるパターンで、先が分かってしまうといえば、分かってしまいますが、その持っていき方が面白いので、予想しながら楽しく読めました。

    小学校高学年の子ども達なら、主人公と同世代なので、共感を持ちやすいと思います。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぶたぶたくんのおかいもの / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット