だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

「無言館」ものがたり」 みんなの声

「無言館」ものがたり 作・絵:窪島 誠一郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年12月
ISBN:9784062094924
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 私の無言館への旅

    レビューに誘われて、窪島誠一郎さんの『約束「無言館」への坂をのぼって』を読みました。
    とても奥が深い作品でとても心打たれたのですが、レビューを書こうとして立ち止まりました。
    言葉の行間、絵の中にある重さを理解するには、無言館のことについてあまりにも知らないことばかり。
    何冊かの本を読みあさることになったのですが、その中でこの本は小学生上級から読める本として、お薦めしたいと思います。

    窪島さんが戦没画家の遺族を訪ね歩くことになった経緯と、その記録、そして無言館に展示されている作品に込められた思い、遺族の思いがまさに巡礼記録のように刻まれています。
    大切に保管されている絵、忘れるために焼かれてしまった絵、遺族にとって窪島さんは待たれていた人間でもあり、招かれざる人間でもあったのです。

    多分、戦争という残酷な歴史に運命を振り回されたことを斟酌しなければ、本当の意味で無言館に作品を理解できないのではないかと思いました。
    戦没画家が残した絵。
    それはその人そのものであったことが判ります。

    無言館への坂道をのぼるために、私にはもう少し勉強が必要のようです。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット